2つの城・2つの日本遺産・味覚の宝庫!【丹波篠山市】『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』番組総括(1)

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫・丹波について、歴史をはじめ多目的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。2021年1月28日放送回のテーマは「丹波篠山市のまとめ」です。

篠山城(跡)大書院
篠山城(跡)大書院

 多くの皆さんの協力のもと、広範囲にわたるロケや地元の方々のお話、「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授の歴史レクチャーなどで進めてきた番組も、終盤に差し掛かりました。今回は番組の総括<その1>として、光秀と深いかかわりのあるまち、丹波篠山市についてのトークを振り返ります。

篠山城跡での番組収録の様子
篠山城跡での番組収録の様子
篠山城跡での番組収録の様子

◆「丹波篠山市は旧多紀郡ですね」
(2020年4月16日放送回)

 丹波国は6つの郡のうち桑田、船井、天田、何鹿(いかるが)が京都府。西の多紀郡と氷上郡が兵庫県です。平成の大合併で多紀郡の部分が合併して当初、篠山市に。元号が令和になった2019年5月からは、改名して丹波篠山市になりました。

 京都から古代の山陰道が西に進んで天引峠で多紀郡(現:丹波篠山市)に入り、そこから西に進んで八上城の麓あたりで、西北に向きを変え、鐘ケ坂峠を越えると多紀郡が終わって氷上郡(現:丹波市)に入る広い地域です。今から200年ほど前(天保年間)の調査では旧多紀郡には114の村がありました。石高が5万2150石。この多紀郡ひとつで中規模の大名です。

◆「篠山の城下町が印象的。まけきらい稲荷にもお参りしましたね」
(2020年6月4日、6月11日放送回)

 貴人南面という思想があり、通常は南向きのはずのお城が、篠山城は北向きに追手門があります。北向きの城というのは珍しいですね。篠山城の東の小高い丘に「王地山まけきらい稲荷」があります。あの小高い丘も八上から平地へお城を移すという時のひとつの候補にはなったというところです。

王地山まけきらい稲荷
王地山まけきらい稲荷

◆「何といっても、おいしいものがいっぱい!冬は篭坊温泉でぼたん鍋も味わいたい」
(2020年10月1日、10月8日、10月15日、12月17日放送回)

 秋の丹波篠山は味覚を求め、例年、多くの方でにぎわいます。焼き栗を買おうと思ってもなかなか列が長くて買えないことも。丹波栗、黒豆、(大納言小豆)の丹波三宝とぼたん鍋。南の山の中の篭坊温泉はぼたん鍋の中心地。あったかいお湯で体をあたためて、ぼたん鍋といきたいところでした。

篭坊温泉、民宿『湯の壺』より
篭坊温泉、民宿『湯の壺』より
ぼたん鍋
ぼたん鍋

◆「重森三玲作庭の『住之江の庭』も見ごたえあり」
(2020年12月10日放送回)

 福住には近代的な庭づくりの名人、重森三玲さんの文化財級の庭が複数あります。枯山水庭園。白い波、島、舟。想像力をかきたてられる抽象的なお庭でした。

重森三玲作庭の枯山水庭園「住之江の庭」
重森三玲作庭の枯山水庭園「住之江の庭」

◆「オンライン開催のデカンショ祭となった2020年」
(2020年8月13日放送回)

 コロナ禍ということでデカンショ祭りがオンライン開催になりました。オンラインで拝見しましたが、地元の方たちの「デカンショを守っていくんだ!」という気持ちが伝わってきました! 世界中からデカンショを見ることができたので、また新しい展開があるんじゃないかなと期待しています。(久保)

◆「二つの日本遺産がある丹波篠山市はお宝がいっぱい」
(2020年9月10日放送回)

 平均すれば県に2つの日本遺産が、丹波篠山市だけで2つあります。「デカンショ祭り」と日本六古窯のひとつ「丹波立杭焼」。2020年は陶器祭りも中止の運びになりましたが、良きタイミングで訪れていただきたいものです。なだらかな谷筋に沿って、窯場がずっと並んでいて、県立陶芸美術館もあります。立杭の今田町のあたりは秋が最高ですね。青く澄み切った空の下を紅葉を楽しみながら散策したいですね。(田辺先生)

丹波立杭焼
丹波立杭焼

◆「リスナーのみなさんとバスツアーに!八上城登山もしました」
(2020年10月29日放送回)

 八上城のあった高城山の方が、黒井城の城山よりも海抜は高いものの、歩いた感じでは八上城の方が楽でした。谷筋をずっと登って行くと、せせらぎが続いていて……。そして本丸のすぐ下に池がありました。水が豊富なのはお城の強みでしょうね。交通の要衝をくっと抑えたお城だと、実際に登ってみると気が付きますね。丹波富士といわれるきれいな形の山です。(田辺先生)

登山開始の様子(左)、谷筋を進む(中央)、朝路池跡(右)
登山開始の様子(左)、谷筋を進む(中央)、朝路池跡(右)

◆「『丹波篠山西京街道古地図散歩』はとっても便利」
(2020年12月31日放送回)

「丹波篠山西京街道古地図散歩」を使えば、(古地図上の)自分の立ち位置がピンポイントでわかり、その場所の歴史が即座にわかり、復習もできます。歴史を知り、地図を確かめるということはとても大事ですね。(久保)

「丹波篠山西京街道古地図散歩」(篠山地区 丹波篠山城之絵図[正保城絵図])より
「丹波篠山西京街道古地図散歩」(篠山地区 丹波篠山城之絵図[正保城絵図])より

(構成:久保直子)

番組
ラジオ関西
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん

※今回、話題に上った放送回を記しました。この他にも番組では丹波篠山市にまつわるお話をたくさんご紹介しました。お世話になった皆さまに心から感謝申し上げます。ぜひ、ラジトピ一覧でも振り返ってみてくださいね。


『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2021年1⽉28⽇放送回音声

ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波 | ラジオ関西 | 2021/1/28/木 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事