岡山の“幻の酒米”「雄町米」にこだわった酒造り 30年以上前から 備前・室町酒造

蔵元(写真提供:室町酒造)
(写真2枚)

多くの酒蔵が酒米「山田錦」を使用するなか、「櫻室町」ブランドを展開する室町酒造(岡山県赤磐市)は、地元・岡山の酒米「雄町米」にこだわった酒造りを、30年以上も前から始めている。

関連記事