緊急事態宣言延長「先見えない」「後手後手」「きっと春には落ち着く…」思いさまざま関西の街

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言・再発令、関西圏・首都圏(栃木県を除く)10都府県で最長1か月(3月7日まで)の延長が決まった。 日常生活はさらなる我慢を強いられ、 時短営業を続ける飲食店からは悲鳴が相次ぐ。ワクチン接種時期は?オリンピック・パラリンピック、本当に開催できるのか?感染者数は減少傾向だが、重症者・死者は増加している。医療体制のひっ迫は深刻だ。関西3府県、街の声を聞いた。

夕方の生田新道(神戸市中央区)夕方のの人通りは大きく減少

■「営業時間、せめて夜9時に・・・夕飯を食べられない日も」(神戸市垂水区 医療事務 20代女性)

 苦しいけど、全員でやるべきことをやって感染者数を減らすしかないです。夜8時までしか飲食店が空いていないのは結構キツいです。ぎりぎり晩ご飯が食べられない日もあります。スーパーに行っても食材がうんと減ってます。せめて営業時間は夜9時までにしてもらいたいです。空いている病床の数と、重症者の数との兼ね合いがどうなるかでしょうが、単に自粛だけでは一時的に感染者数は減っても根本的には何も変わらないと思います。

営業時間を告知する黒板、幾度も書き換え

■「もうやることなくて」(姫路市・40代主婦)

 去年の緊急事態宣言と違って、昼間はある程度人は出歩いてますが、世間全体に自由がなくてギスギスしてますよね。外出ができなくてストレスのはけ口もない。ひたすらyoutubeでライブ配信を見て終わっていく毎日です。もう先が見えないのが辛いです。精神的にダウンした友人もいます。会って話したいけど、会う場所や時間が限られますから難しいです。

道頓堀 人々はただ足早に通り過ぎる

■「ワクチン後手後手、オリンピック開催の可否はギリギリの日本」(大阪市淀川区・派遣社員 30代女性)

 ワクチンを打ったらどうなるのか、国民はその結果を知らないから、どうしても不安です。1回接種のパターンもあれば、2回接種の場合もあったり、今の時点で情報が入り乱れています。菅さん(首相)は医療従事者への接種について「2月中旬にスタートしたい」と話してましたが、私たちへの接種時期はどうなのかなあと思います。国民に行き渡る分のワクチンが確保できるのか、今の段階では率直に疑問です。8月にオリンピックが開かれるとして、その時期に受けられたら早い方じゃないかと思います。日本は後手後手、というイメージはぬぐえないです。 もっとも、イスラエルのように積極的にワクチン接種を進めている国はごく一部ありますが。オリンピックにしても、感染対策を考えて無観客でやる分にはいいですが、開催するのかどうか、最終決定までギリギリまで粘るんじゃないでしょうか?

八坂神社・境内「静寂の中の祈りが心に平穏を」

■ 「解除するタイミングで重要なのは、感染者数だけじゃなく季節」(京都市下京区・会社役員 40代男性)

 ブライダル会社を経営しています。結婚式をしない人が増えて、予約は去年の3分の1に減りました。今回の(緊急事態宣言の)延期でキャンセルがどんどん増えるのは目に見えています。ごれからジワジワと影響が出てくるのは間違いないです。でもね、実は3月まで自粛して、春先に緊急事態宣言を解除して世間の動きを戻していく方が、むしろいいんじゃないかと思います。その方がお金が落ちる、一気に経済活動が戻るというイメージを持ってます。

関連記事