東京五輪組織委・森会長発言に思う《2》「“老害”で片付けることなかれ 『ハダカの王様』にしたのは?」~弁護士・藤本尚道さん

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

「女性がたくさん入っている理事会は(会議に)時間がかかる」。2月3日、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)による女性蔑視とも受け取れる発言、国内外で波紋が広がっている。IOC(国際オリンピック委員会)は9日、この発言を「完全に不適切だ」などと指摘する声明を発表した。IOCは2月4日の時点で「森会長は謝罪した。この問題は決着したと考えている」との声明を出していたが、世論や選手、協賛社の多くから非難の声が相次いだことを受けて立場を明確にした格好だが、ある意味「火消」とも言える。

 ここでIOCは森会長の進退問題には触れず「(社会的な)一体性、多様性、男女平等はIOCの活動に不可欠な要素。森会長の最近の発言はIOCの公約や(改革指針の)五輪アジェンダ2020に反している」とした。

日本オリンピックミュージアム(東京都新宿区)世界観、多様性を発信する「ウェルカムエリア」〈※2019年12月20日撮影〉

 森会長は発言への批判を受けた直後にいったんは会長職を辞任する意向を固めていたと明かしている。しかし組織委幹部らから慰留され踏みとどまったという。この問題発言を生みだした土壌は何だったのか、藤本尚道(まさみち)弁護士に聞いた。

・・・・・・・・・

 まるで居酒屋での「オッサン談義」を地で行く森会長である。本人は「ここだけの話」だったのかも知れないが、感性があまりに古い、いわば「昭和の感覚」で、ここだけでなく、全世界から総スカンを喰らってしまった。

 2000年5月、当時日本の首相だった森会長がクリントン大統領との会談の際に、“How are you?”と言うべきところを“Who are you?”と言い間違えたとの逸話がある。森氏が“Who are you?”と尋ね、クリントン氏がユーモアを交えて“I'm Hillary's husband”と答えたところ、森会長がすかさず“Me too”と返したという笑い話である。

 この話は各メディアによって、まことしやかに報じられたが、実は世紀の「大誤報」であって、のちに毎日新聞の記者が自作のジョークであった事実を認めている。しかし、いまだにこれがジョークであることを知らず、本当の話だと信じている国民もまだまだ多いというから面白い。失言大魔王の森会長ならば、これくらいのことは言ってしまいそう…というのがベースにあるからだ。弁護士の立場で言えば、本当は森氏にとって「冤罪」で本人は「被害者」というべきなのだが、他方で「身から出た錆(さび)」との厳しい指摘もある。

森会長の発言「まるで居酒屋での“オッサン談義”」と藤本弁護士

 ただ、私はここで面白おかしく森会長の過去の「失言」を取り上げるつもりはない。森会長は今回、世界中から叩かれて大炎上したが、これを対岸の火事だと笑って済ませるのは大間違いである。森会長がこともあろうにJOCの臨時評議員会で、あのような「ここだけの話」をやってのけようと考えたのは、私たち日本人の社会にそれを受け入れる下地があるからではないのか。現に、今回の森会長の発言に若干の笑いが起きたと聞くが、逆にこれを諫めるような話は出なかったと言う。「評議員会で森会長の暴走を止められなかった出席者は同じ穴のムジナだ」との厳しい意見もあるが、これは慧眼(すぐれた眼力)だと思う。

日本オリンピックミュージアム(東京都新宿区) エントランス〈※2019年12月20日撮影〉

 私たちの周りをじっくりと見渡せば、パワハラ・セクハラを物ともせず、とんでもない言動を繰り返すトップに対し、誰も何も言えないという組織や企業はけっして少なくない。もはや『ハダカの王様』を取り巻くイエスマンたちの集団と言っても過言ではない。私たちは、森会長の問題発言を通して、私たち自身の立ち位置をあらためて見直す機会が与えられているのだ。決して他人事ではなく、私たち自身もまた批判にさらされていることを忘れてはならない。

 また、森会長の発言の中には「誰も何も言えない組織・社会」を作り上げる強い方向性が見え隠れする。ウラを返せば、権力者が相対的弱者に対して「立場をわきまえろ!」「おまえらは黙ってろ!」と言っていることに他ならないからだ。「長いものには巻かれろ」とばかりに黙り込んでしまう日本人の習性はけっして美徳などではない。

東京オリ・パラ 予定通りの開催ならば、開幕まで163日(2021年2月10日現在)

 ただ、今回のことを「老害」などと指摘する向きには反論しておきたい。森会長自身も4日の釈明・謝罪会見で「老害」とか「粗大ごみ」という言葉を発したが、けっして年齢が問題なのではない。口を開けば開くほど馬脚をあらわす森会長の最大の問題点は、自身の失言から何ひとつ学ぶことなく、何ら反省もしてこなかったため、今後もまた同じことを繰り返すであろうという点にある。たとえば刑事事件では「心からの悔悟と真摯な反省」こそが「再犯の防止」に直結するところであり、反省が見られない被告人には再犯のおそれが高いと評価されても仕方がないのである。そのような森会長個人の問題点を「老害」などと呼んで一般化させることは、世の高齢者の方々を十把一絡げ(じっぱひとからげ)にしてしまうことに等しい。

 今回、森会長の発言を「世界に対して恥ずかしい」と感じた国民は正常である。しかし「これくらいのことに目くじらを……」などと感じる人は、すでに『ハダカの王様』を取り巻くイエスマンに成り下がっていることを自覚すべきだ。

・・・・・・

 森会長の発言をなぜ止められなかったのか。あの場に同席していたJOCの山下泰裕会長は9日、東京都内での定例会見で、「女性差別と受け取られる発言の後もいろんな話題に変わり、止める機を逸してしまった」と説明した。

 問題を受け、大会ボランティアの辞退者が、少なくとも400人(2月9日現在)にのぼるが、自民党・二階俊博幹事長が「落ち着けば考えも変わる。辞めるなら新たに募集せざるを得ない」などと発言、不適切とも受け取られかねず、新たな火種となった。

 一つの発言の波紋が、さらなる波紋を呼ぶ。この「負のスパイラル」、与えた影響はあまりにも大きい。

 大会組織委は理事会と評議員会による臨時の合同会合を12日にも開催する。厳しい世論の反応を踏まえ、組織委として早急に対応を協議する必要があると判断。森会長の進退について議論されるかは定かではない。

・・・・・・・・・

藤本尚道弁護士「森会長を“老害”の一言で片づけないで!」と苦言

◇藤本尚道(ふじもと・まさみち)
1958(昭和33)年6月、神戸市生まれ。神戸大学法学部卒業。兵庫県弁護士会所属(司法修習38期)、2004(平成16)年度兵庫県弁護士会副会長・会長代行、兵庫県立大学客員教授など歴任。神戸市中央区にハーバーロード法律事務所を開設。

LINEで送る

関連記事