有害魚「ナルトビエイ」を“エイっ”と加工 「御津の大根」も“ダイタン”に利用 兵庫・たつの市の新名産品

(写真5枚)

魚介類の天敵「ナルトビエイ」を“エイっ”と加工したり、地域のダイコンを“ダイタン”に利用して、兵庫県たつの市から新たな名産が登場。地元の農水産物を、ほかにないアイデアで地域資源として活用する取り組みから生まれたのは、皮革素材の「Mitsu Eagray(ミツイーグレイ)」、加工食品の「瀬戸内シーレイ フレンチ缶詰」、炭酸飲料の「ラディッシュエール」だ。

関連記事