「備前」なのに、兵庫!? 「ヒョーゴスラビア」における県境とは (2)播磨

(写真5枚)

2020年からのコロナ禍では、日本では「都道府県をまたいだ移動の自粛」が求められ、これまで以上に「県境」が意識されるようになった。では実際はどうなのか? 県境付近に住む人の意識は? 兵庫県「ヒョーゴスラビア」の旧五国ごとに県境付近を訪ね、そこに住む人の思いに迫る。第2回は、「播磨」。

関連記事