「備前」なのに、兵庫!? 「ヒョーゴスラビア」における県境とは (2)播磨

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 日本列島、本州を陸路で縦走しようとすると、必ず通らなければならない県が1つだけある。それが兵庫県。北は日本海、南は瀬戸内海、淡路島の向こうには太平洋と、本州で2つの海と接しているのは、両端の青森県、山口県を除くと兵庫県だけだ。

 兵庫県はかつて、摂津・丹波・但馬・播磨・淡路の旧五国から構成され、多くの文化が入り混じっていた。2010年代には「ヒョーゴスラビア」という表現が登場した。かつてヨーロッパにあった多くの文化が混ざり合った国「ユーゴスラビア」になぞらえたものだ。

 2020年からのコロナ禍で、日本では「都道府県をまたいだ移動の自粛」が求められた。県境付近に住む人は実際にどれだけ「県境」を意識したのか? 兵庫県「ヒョーゴスラビア」の旧五国ごとに県境付近を訪ね、そこに住む人の思いに迫る。第2回は、「播磨」。

<その2>播磨

 播磨国は、兵庫・旧五国で一番広いエリアで、日本随一の古墳の数を誇り、兵庫県の中でも旧石器時代からの遺跡も数多く残る地域。赤穂市や佐用町などの西側が岡山県との県境だ。

 赤穂義士で有名な赤穂市は兵庫県の南西に位置する。JR赤穂線で兵庫県の最西端にあるのが「備前福河」駅。兵庫県なのに岡山を意味する「備前」がつく。駅で男性にこんな話を聞いた。「昔は岡山だった。和気郡日生町福河。赤穂と合併して兵庫県になった」。

 県を超えた市町村合併、これには自然災害も関係していた。「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する歴史家の田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授は解説する。

「1954(昭和29)年、福河の港が台風で大きな被害を受けた。翌年、福河村は日生町と合併したが、復興のためには資金が必要で、赤穂市と合併できないかという声が上がり、赤穂市も前向きだった。しかし兵庫と岡山、県を越えての合併になるのでスムーズにはいかない。赤穂市長が兵庫県知事に嘆願書を出したり、逆に岡山県議会はこれに対する反対決議を出したり、すったもんだの挙句、県境、昔の播磨と備前の境を超えて、1963(昭和38)年に、福河地区は赤穂市と合併した。このようなことがあり、現在もJRの駅は備前福河という、興味深い状態になっている」

 駅で出会った男性は1955(昭和30)年生まれで、当時は岡山。小学生の時に兵庫県赤穂になったという。「小さかったのではっきりとはわからなかったが、賛成や反対でわかれていたことは覚えている」と話した。取材したラジオパーソナリティーの谷五郎さんは「JR備前福河駅には以前にも行ったことがあった。無人駅で、たまたま作業をしていた人から、かつては岡山だったと聞き驚いた」と話す。

 赤穂以外の県境周辺で話を聞くと、方言で県境を意識することがあるという人がいた。佐用町の男子学生は「岡山県側に面接に行った際に何を言われているかわからず、何回も聞き直した」。この地域の岡山県側の人も「言葉が違うから意識する。(佐用は)関西圏、岡山は中国圏だから」。また、この地域で有名なB級グルメ「ホルモン焼きうどん」も食べ方が違う。佐用はつけだれ、岡山・津山はタレを焼き込む。一見わからないところでも、小さな「境」は存在するようだ。

 一方で、共通の問題を抱えている。それは、「過疎」。岡山県西粟倉村にある、地元の木材を使ってオリジナル楽器を作る工房は廃校を利用している。このような施設は他にもあり、工房やレストランなどが運営されているが、子どもが少なくなり、過疎が進んでいるといえる。

 兵庫県佐用町に西新宿という集落がある。「新宿」と聞くと、東京の大都会というイメージが大きいが、佐用町西新宿は10世帯15人で、最年少は75歳。「90歳前後のひとり暮らしのお姉さん」が主流だ。「この地域には花菖蒲園がある。全国で花菖蒲園が衰退の一途をたどり閉園が相次ぐ一方、頑張って守っている」とは、最年少・75歳の男性。菖蒲園には「幸せの鐘」がある。この鐘は山の上の寺にあったもの。集落で管理していたが、高齢化が進み山の上まで行くことが難しくなったため麓に移設した。

 県境に関係なく考えなければならない問題がある。

※この記事は2020年12月27日放送、ラジオ関西制作『BORDER~ヒョーゴスラビアにおける県境とは』をもとに、再構成しました。


『BORDER~ヒョーゴスラビアにおける県境とは』アーカイブ記事
(1)淡路…淡路に「阿波踊り」の文化が残る地域も?!
(3)但馬…獅子舞と“ステッカー”がつないだ地元意識
(4)丹波…ライバル意識バチバチの兵庫と京都 でも“大河”では結束
(5)摂津…「空港ターミナルの派出所に兵庫県警と大阪府警が詰めている」!?

LINEで送る

関連記事