雛道具に見る江戸と京阪の違い 「雛まつり~江戸と明治のお雛さま~」 学芸員によるリモート・ミュージアム・トーク

雛の勝手道具(明治末期)
(写真2枚)

姫路市香寺町の日本玩具博物館で「雛まつり~江戸と明治のお雛さま~」が4月11日まで開かれている。雛人形の歴史や形式についてテーマごとに尾崎織女・学芸員に解説してもらうリモート・ミュージアム・トーク。4回シリーズの最終回は「江戸の雛道具、京阪の雛道具」。

関連記事