稲葉浩志さんの激レア写真も!神戸に「B’z」ファンの聖地 メンバー2人の好物もとに特製ホットドッグを提供

LINEで送る

この記事の写真を見る(8枚)

 JR須磨駅(神戸市須磨区)からすぐにある、赤と白を基調としたカラフルなお店「コペンハーゲン」。一見オシャレなホットドッグ店だが、人気ロックバンド「B’z」のファンが全国から集う「聖地」にもなっている。店内モニターでは絶えずB’zのライブ映像が流され、ボーカルの稲葉浩志さんのサインや、貴重な写真などが壁一面に配される。

店内モニターでは絶えずB’zのライブ映像が流れる。「B’zのファンだ」と伝えると、音量が上がった。
店内モニターでは絶えずB’zのライブ映像が流れる。「B’zのファンだ」と伝えると、音量が上がった。
ライブに招待されたときのチケットやゲストパスなどがずらりと並ぶ。稲葉浩志さん自身のみならず、お母様のサインも。
ライブに招待されたときのチケットやゲストパスなどがずらりと並ぶ。稲葉浩志さん自身のみならず、お母様のサインも。

 気さくで親しみのある店主、ビャーネ・リンボー・ハンセンさん(71)とB’zの間には、深い縁がある。ハンセンさんは母国・デンマークで350年の歴史がある老舗レストランの料理長を務め、日本人女性との結婚を機に1981年に来日。妻の実家がある岡山県津山市でデンマーク料理店を始めた。その店の常連客が、稲葉さんの母親だったことから、家族ぐるみの付き合いがスタート。帰省した稲葉さんだけではなく、ギターの松本孝弘さんも来店するなどしたが、その後、閉店。業態を変え、まず兵庫県高砂市でホットドッグ店を出店。現在の「コペンハーゲン」をオープンしたのは2008年のことだ。

店は赤と白を基調としたデザインとなっていて、遠くからでも一目でわかる
店は赤と白を基調としたデザインとなっていて、遠くからでも一目でわかる。
店先では、デンマークの国旗が風に揺れていた
店先では、デンマークの国旗が風に揺れていた。

 人気メニューは、稲葉さんが好きなハンバーガーをイメージして、フライドオニオンとピクルスをたっぷり乗せた「イナバドッグ(380円)」と、松本さんが好きなカレーキャベツでソーセージを包んだ「松ちゃんドッグ(420円)」。それぞれ2人の好物を元に考案されたという。同店のホットドッグには特注のソフトフランス、デンマーク産のボリューミーなソーセージが使用されており、本場の味を楽しめるのが魅力。他にも、オーソドックスなコペンハーゲンドッグ(350円)や、ピリ辛とチーズのハーモニーが楽しめるクリスチャンドッグ(500円)など、豊富なメニューが並び、アルコール飲料との相性もよい。

稲葉浩志さんが好きだというハンバーガーをイメージし、フライドオニオンとピクルスをたっぷり乗せた「イナバドッグ」。炭酸飲料との相性は◎
稲葉浩志さんが好きだというハンバーガーをイメージし、フライドオニオンとピクルスをたっぷり乗せた「イナバドッグ」。炭酸飲料との相性は「◎」。
松本孝弘さんが好きなカレーキャベツでソーセージを包んだ「松ちゃんドッグ」。テイクアウトし、駅南側で海を望みながら食べるのも気持ちがいい
松本孝弘さんが好きなカレーキャベツでソーセージを包んだ「松ちゃんドッグ」。テイクアウトし、駅南側で海を望みながら食べるのも気持ちがいい。

 デンマークを語るうえで外せない言葉の1つに「Hygge(ヒュッゲ)」がある。「人と人とのふれあいから生まれる、温かな、居心地の良い雰囲気」を意味するが、ハンセンさんのお店は、その言葉通り、老若男女に愛される名店である。店の電話番号の下4桁は、「1783(イナバさん)」。ハンセンさんは、「電話会社に事情を説明したら、30分ほどでOKの連絡をもらったよ」と無邪気な笑顔を見せる。

店主・ハンセンさんの息子を抱きかかえる稲葉浩志さん。写真の日付は1997年4月14日となっていて、直筆のサインが添えられている。
店主・ハンセンさんの息子を抱きかかえる稲葉浩志さん。写真の日付は1997年4月14日となっていて、直筆のサインが添えられている。

■コペンハーゲン
〒654-0055
兵庫県神戸市須磨区須磨浦通4-3-14
電話:078-737-1783
※テイクアウト対応
【ホームぺージ】

関連記事