《東日本大震災10年(1)》定点観測で聞こえた「復興への足音」日本地震学会・西影裕一さん

JR仙台駅・ボランティア受付<画像提供・西影裕一さん>
震災から1か月半の大型連休、ボランティア熱は高まる一方、地元では「受け入れ困難」のメッセージを発信することに<JR仙台駅・ボランティア受付 2011年5月3日撮影>
2/16
完全に破壊された街 震災半年後の宮城県・南三陸町志津川<2011年9月10日撮影>
JR仙台駅・ボランティア受付<画像提供・西影裕一さん>
宮城県気仙沼市・津波で乗り揚げたタンカー 海から500mも離れて陸地へ<2013年3月24日撮影>
岩手県山田町 敷地いっぱいに積まれたゴミの山<2011年9月9日撮影>
岩手県・大槌町役場 庁舎前には献花とさい銭箱<2013年10月26日撮影>
岩手県大槌町で交通整理中の兵庫県警・警察官<2011年9月9日撮影>
福島県浪江町・津島中での汚染土処理<2012年1月28日撮影>

関連記事