「パワハラでは」兵庫県職員が自殺未遂か 不自然な入館時間 県が近く調査へ

(写真1枚)

16日午前7時過ぎ、兵庫県庁3号館(神戸市中央区下山手通)で、県監査室に勤務する50代の男性職員が首から血を流してぐったりしているのを、出勤した別の男性職員が発見、119番通報した。

関連記事