芸人の世界と一般社会では違う? “盲目の漫談家”濱田祐太郎と考える「障がい者が働く、障がい者と働く」ということ

「濱田祐太郎のひょうごユニバーサル通信」生放送の様子
(写真3枚)

“盲目の漫談家”濱田祐太郎さんが、「ユニバーサル社会」の重要性について発信しているラジオプログラム【濱田祐太郎のひょうごユニバーサル通信】。12回目の放送となった3月15日、テーマとなったのは「障がいを持つ方が働く、障がいを持つ方と働く」。

関連記事