「立ちふさがる鉄壁、司法も変革を」2度の不起訴に遺族が怒り NEXCO西日本過労自殺

神戸第2検察審査会(神戸地裁内)は2020年3月、不起訴不当と議決
(写真2枚)

男性社員の自殺から6年。業務上過失致死容疑で刑事告訴されたNEXCO西日本の元上司ら8人について、神戸第2検察審査会が2020年3月25日、不起訴不当との議決を下し、これを受け再捜査していた神戸地検は約1年経った2021年3月11日、再び不起訴処分とし、捜査は終結した。亡くなった男性の母親が18日、ラジオ関西など報道各社に以下の内容のコメントを寄せた。

関連記事