イカナゴ漁、20日に終漁 不漁で買い控え、キロ単価急落も

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 2021年のイカナゴの稚魚「シンコ(新子)」の漁が、3月20日に終漁する。播磨灘(兵庫県明石市など)の漁業関係者らが17日に決めた。

 シンコ漁は3月6日に解禁されたが、大阪湾での漁は実質3日間(休漁日をはさんだ3月11日に終了)、播磨灘での操業は実質13日間で終える。

「淡路島の東岸(岩屋沖)でのイカナゴ漁」(画像提供:第五管区海上保安本部 2021年3月6日午前 航空機より撮影)
淡路島の東岸(岩屋沖)でのイカナゴ漁(画像提供:第五管区海上保安本部 2021年3月6日午前 航空機より撮影)

 シンコ漁は2017年以降、極端な不漁が続いている。

 かつては1万トン以上あった漁獲量が、記録的に不漁だった昨年(2020年)、速報値で147トンと過去最少に。操業期間は播磨灘が5日間、大阪湾が2日間と大幅に短縮されていた。

 不漁のシンコは高値となり、消費者の買い控えも多く、急激に値崩れする現象も起きている。

 2020年、漁初⽇の⽔揚げがゼロだった林崎漁港(明⽯市)では、2021年3月6日の初競りで1カゴ(約25㎏)当たり9万5000円の過去最⾼値がついた。しかし、11⽇には垂⽔漁港(神⼾市垂⽔区)で1カゴ平均が約1万1000円まで下落したという。

 店頭販売のシンコは、漁初⽇に神⼾市や明⽯市で1キロ当たり4000円前後だったのが、のちに1500円以下まで値が落ちた。

イカナゴのくぎ煮、販売の様子。イカナゴは不漁で高値、購入手控えが進み、値崩れも(2021年3月11日 神戸市内)
イカナゴのくぎ煮 不漁で⾼値、購⼊⼿控えが進み、値崩れも~(2021年3月11日 神戸市内)

関連記事