大杉漣さんが熱く望んだ映画化 『バイプレイヤーズ』公開

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

この記事の動画を見る

 ドラマによく登場する俳優たちが、本人を演じます! 若手、中堅、大御所、あわせて100人を超える俳優が出演する映画。民放各局のドラマや映画など多くの作品を制作するスタジオ「バイプレウッド」で巻き起こる騒動を描く、『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら』が、4月9日(金)、OSシネマズミント神戸・イオンシネマ加古川・TOHOシネマズ梅田などでロードショー。

 富士山の麓にある撮影所・バイプレウッド。民放各局が隣り合ったスタジオで連ドラを撮影していて、いつもにぎわっています。田口トモロヲ・松重豊・光石研・遠藤憲一らバイプレイヤーズは有村架純主演のネット配信ドラマを撮影中です。

 一方、濱田岳・柄本時生・菜々緒・高杉真宙・芳根京子ら若手役者は、小さなチワワを主人公とする映画を制作しています。超低予算のためスタッフを役者が兼務して、チワワが逃げ出し、ロケ場所が確保できず、トラブル続きで撮影がストップしてしまいます。

 見かねた田口らは若手に協力して自分たちのスタジオを貸しますが、スタジオ1つで二班が同時に撮影しようとするから思うように進みません。外資系企業によるスタジオの買収話もからんで騒動が大きくなり……。

 もともとは、テレビ東京系で2017年に放送されたドラマです。今年3月まであわせて3シリーズがオンエアされました。映画やドラマに脇役として出演する俳優たちが本人役として実名で出演していて、人気を広げました。

 松居大悟監督によると、3年前に亡くなった大杉漣さんが『バイプレイヤーズ』を映画にしたい、と話していたそうです。「バイプレイヤーズのチームは大杉漣さんを座長にキャスト・スタッフが集まっている感じで、現場でも漣さんを中心に『これが映画になったらいいよね』って話すことが多かったんですよ。それが今回、劇場版をやることのいちばん大きな理由になっていると思います」(松居監督)

 漣さんが生前、犬を飼っていたことから、今作のストーリーとして撮影現場を見るのを大好きな犬がいて撮影所の所長が漣さん、という設定を考えたとのことで、スクリーンに漣さんが映る場面があります。

 テレビ各局の連ドラチームが隣り合わせたスタジオで撮影し、番組同士の競争で起こるエピソードをバイプレイヤーたちがパロディをふんだんに盛り込んで笑わせます。

 例えば向井理が主役を務めるドラマは「6チャンの大合併」として登場していて、なんだかTBSの日曜劇場に似ています。そのほか「5チャンの私の番です」「4チャンのCTO」「8チャンのドクターZ・5」などが出てきます。

 田口らオリジナルのバイプレイヤー4人は、ドラマ各作品のキャストや映画の語り部として神出鬼没に登場してストーリーを導きます。

 この映画はだれでもリラックスして楽に観られる作品です。自分の好きな俳優が1人でも出演していたら、さあ映画館へ観に行きましょう! 撮影の裏側で役者さんたちがどんな風に過ごしているかが分かります。あなたが好きだった俳優さんの近くにいる別の俳優さんを新たに好きになる可能性大です。映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら』は4月9日(金)ロードショー。(SJ)

◇映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら』

出演:
田口トモロヲ 松重豊 光石研 遠藤憲一
濱田岳 柄本時生 菜々緒 高杉真宙 芳根京子
勝村政信 渡辺いっけい 近藤芳正 津田寛治 西村まさ彦 本宮泰風 菅田俊 小沢仁志/岸井ゆきの でんでん 北香那 木村多江 北村一輝
有村架純 天海祐希
役所広司
ほか

監督:松居大悟
主題歌:Creepy Nuts「Who am I」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
脚本:ふじきみつ彦 宮本武史
配給:東宝映像事業部

(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

濱田岳・高杉真宙ら若手俳優の劇中劇『バイプレイヤーズ』 予告映像 (C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

◇映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら』
【公式サイト】
【公式Twitterアカウント】
【公式Instagramアカウント】
公式TikTokアカウント

関連記事