神戸人形の魅力とは 手のひらの上のかわいい「お化け」たち リモート・ミュージアム・トーク(上)

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 姫路市香寺町の日本玩具博物館で、「神戸人形賛歌~ミナトマチ神戸が育てたからくり人形~」展が8月31日まで開かれている。その魅力について尾崎織女・学芸員に3回シリーズで解説してもらう。1回目で取り上げるのは、「神戸人形の歴史」。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

神戸人形のスタンダード 西瓜喰いと酒飲み
神戸人形のスタンダード 西瓜喰いと酒飲み

「神戸人形」をご存知でしょうか。つまみを前後に回すと、台に乗った黒い人形が手を動かし、首をふり、真っ赤な口をあけて西瓜を食べたり、酒を飲んだり……。デザインの奇抜さと動きの滑稽さが笑みを誘う、楽しいからくり玩具です。

 1981(昭和56)年に「神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア'81)」が開催された頃は、加古川市在住の数岡雅敦(1928-1989)が数百種類にもおよぶ多様な作品を製作。また、元町商店街(神戸)の玩具店「キヨシマ屋」や三宮センター街の「神戸センター」などでも、独自の「神戸人形」が盛んに販売されていました。なつかしく思われる“神戸っ子”の皆さんも少なくないでしょう。

数岡雅敦製の神戸人形 昭和50年代
数岡雅敦製の神戸人形 昭和50年代
ポートピア'81のころの神戸人形 キヨシマ屋製(左2体)と神戸センター製(右2体)昭和50年代
ポートピア'81のころの神戸人形 キヨシマ屋製(左2体)と神戸センター製(右2体)昭和50年代

「神戸人形」が創始されたのは、明治時代中ごろのこと。ろくろ首や三つ目小僧、また目や舌が飛び出すお化けを表したものが多く見られたため、はじめは「お化け人形」の名で親しまれていました。また、神戸の観光地である布引の滝でも売られていたため、「布引人形」と呼ばれることもありました。

明治・大正時代の神戸人形(おばけ人形/布引人形)
明治・大正時代の神戸人形(おばけ人形/布引人形)

「神戸人形」といえば、黒いものと思われがちですが、明治中期から大正時代にかけての作品は、柘植(ツゲ)の木肌の滑らかさと彫刻の繊細さに特徴がありました。大正末期から昭和初期になると、漆器を想わせる黒と赤の彩色に人気が集まったためか、全体が黒く塗られるようになり、「神戸人形」の呼び名が定着します。

 お化けや鬼といった幻想的な題材と、からくりの面白さが受けたのでしょう。海外からの観光客に大いに愛され、戦前の「神戸人形」のほとんどが、日本土産として神戸港から海を渡っていきました。実際、欧米の個人の家庭や博物館施設のなかで「Kobe-Doll」たちは大切に保管され、また今も世界各地にアンティークな「神戸人形」の熱心なコレクターが存在します。

チェコ国立ナープルステイクミュージアム所蔵の明治末~大正末期の神戸人形。同館展覧会図録より
チェコ国立ナープルステイクミュージアム所蔵の明治末~大正末期の神戸人形。同館展覧会図録より

 昭和時代の戦争や平成時代の大震災、また作者の死去によって、「神戸人形」は何度も廃絶の危機に見舞われましたが、そのたびに「作りたい」という人が現れて、途切れることなく今日まで命脈をつないできました。現在も、「ウズモリ屋」の吉田太郎さん(神戸市東灘区在住)らが古作に学びながら、作者の個性と時事性をプラスして、令和時代らしい「神戸人形」を数多く誕生させています。

「ウズモリ屋」吉田太郎さんの神戸人形(平成末期~令和時代)
「ウズモリ屋」吉田太郎さんの神戸人形(平成末期~令和時代)

 本年4月下旬には、吉田さんの監修で、「神戸人形」のユニークな造形を紹介する書籍「神戸人形賛歌」が出版されます。日本玩具博物館は、創始期から現在に至るまで、約130年の歴史を彩った作者たちの作品と資料、約600点を所蔵しており、その新刊には、日本玩具博物館が誇る「神戸人形コレクション」の代表作品がずらりと掲載されます。現在開催中のテーマ展「神戸人形賛歌~ミナトマチ神戸が育てたからくり人形~」では、戦前の古作品、150点をにぎやかに展示していますので、まもなく出版される書籍と合わせてご覧いただければ幸いです。

 次回は、神戸人形の創始期の作者とその作品をとりあげて、造形の魅力をご案内いたします。(日本玩具博物館 学芸員・尾崎織女)

■日本玩具博物館
〒679-2143 兵庫県姫路市香寺町中仁671-3
電話 079-232-4388
FAX 079-232-7174

入館料 大人600円、高大生400円、小人(4才以上)200円
休館日 毎週水曜日(祝日は開館)、年末年始(12月28日~1月3日)
開館時間 10:00~17:00
アクセス JR「姫路」駅から播但線に乗り継ぎ「香呂」駅下車、東へ徒歩約15分 / 中国自動車道路「福崎」インターチェンジから南へ15分、播但連絡道路「船津」ランプより西へ5分

※緊急事態宣言を受けて、日本玩具博物館は5月11日まで臨時休館することが決まったと発表した。同館は「状況によりましては休館を延長させていただく場合もございます。ホームページでご案内させていただきますので、来館の際はご確認ください」と述べている。


【公式HP】
【春夏のテーマ展「神戸人形賛歌~ミナトマチ神戸が育てたからくり人形~」(公式HPより)】

LINEで送る

関連記事