TikTokで話題、韓国発祥「セルフ写真館」って?体験してみた 瞬間記録室・神戸三宮

LINEで送る

この記事の写真を見る(9枚)

 最近、自分の「モノクロ写真」をインスタグラムに投稿する若者が増えています。そして、その多くが、「セルフ写真館」と呼ばれる写真スタジオで撮影されたものだといいます。「セルフ写真館」とはいったい何でしょうか?

 アイドルデュオの「Lovelys」(宮崎梨緒・八木沙季)が神戸三宮にあるセルフ写真館「瞬間記録室」へ潜入し、その実態を探ります。

「セルフ写真館」で撮影したモノクロ写真
「セルフ写真館」で撮影したモノクロ写真

「『セルフ写真館』は、名前のとおり、お客様自身でボタンを押して、カメラのシャッターを切っていただくシステムです。貸し切りなので、カメラマンやスタッフがいない空間で、自由に撮っていただくことができます」(「瞬間記録室」井上海理さん)

 神戸三宮の各線より徒歩10分程度で到着する「瞬間記録室」。スタジオというより、家の雰囲気に近く、「友人や家族とはもちろん、ペットや赤ちゃんとも、知り合いのおうちに遊びに来た感覚で撮ってほしい」という思いからアットホームな空間をつくっているそうです。

 スタジオに用意されているのは、三脚で固定されたカメラ、撮った写真を確認するモニター、照明、椅子、鏡、そしてシャッターを切るためのリモコンなど。つまり、必要な機材は一式揃っています。写真を「撮る」行為において、セルフというわけですね。

自宅の一室のような空間に撮影機材がそろう
自宅の一室のような空間に撮影機材がそろう
立って、座って、ポージングは自分で決める
立って、座って、ポージングは自分で決める
撮影で使える小道具も用意されている
撮影で使える小道具も用意されている
カメラのリモコン。ボタンを押せばシャッターを切ることができる
カメラのリモコン。ボタンを押せばシャッターを切ることができる

 スタッフの方に、カメラや照明をセッティングしてもらったら、あとは自分次第。約20分間、カメラの前で自由にポーズを決めて、ひたすらにリモコンのボタンを押していきます。

 アイドルとして、写真慣れをしている「Lovelys」は、次々と新しいポージングで撮影していきますが、持ち時間の20分間を持て余してしまう方も少なくないそう。事前に撮りたいポーズや構図を決めて臨むのが良さそうです。

撮影中のLovelys
撮影中のLovelys

 撮影タイムを終えると、写真データを受け取ります。iPhone等のApple製デバイスを持っている場合は、ワイヤレスでデータ受信ができる「AirDrop」を使って、その場で写真を受け取ることも。その他のデバイスの場合は、予約をしたインスタグラムアカウントのダイレクトメッセージでデータのダウンロードURLを共有してもらうことになります。

実際に撮影した一枚。モノクロ版とカラー版を送付してもらった。
実際に撮影した一枚。モノクロ版とカラー版を送付してもらった。

 今回撮影した写真は、約140枚! モノクロ版に加え、カラー版の写真データもいただいたので合計280枚となりました。(スマホの空き容量を確保しておかないと受け取れないので要注意!) 華やかな背景や演出がない分、二人の自然体な姿がより際立つ写真の数々となっていました。

ポージングはさまざま

 これまでは、プリクラやスマホの加工アプリで「盛った」写真を公開することが主流でしたが、今は、むしろナチュラルな雰囲気の写真が流行中。韓国では、2~3年前からそれがトレンドになっていて、ここ1年の間に「セルフ写真館」が上陸し、日本でもブームになっているそうです。

「Lovelys」の八木沙季は、「インスタ映えはもちろんですが、LINEやSNSのプロフィール画像にもピッタリだと思います! 私も早速、LINEのアイコンにしました!」と大満足な様子。宮崎梨緒も「自分たちだけの空間で、自分たちのタイミングで撮影でき、今まで撮影したことのない新感覚の撮影スタジオでした。何度撮影しても楽しそうなので次は家族と利用したいです!」と初めての体験を楽しんだようです。

 大切な人との自然体な一枚が撮影できる「セルフ写真館」。とにかくリラックスしながら楽しめるので、一度、気軽に訪れて体験してみてはいかがでしょうか。

【瞬間記録室】
神戸三宮のアットホームなセルフ写真館。韓国カルチャー好きの井上海理さんが2020年12月にオープン。神戸三宮の各線から北へ徒歩10分。予約方法や料金体系は店舗のインスタグラムアカウントやホームページに掲載されている。


◆「瞬間記録室」
【公式Instagram】
【公式HP】

LINEで送る

関連記事