JR元町駅・新快速飛び込み死亡の男性、フロントガラス突き破り乗客骨折 自殺と断定 不起訴に 神戸地検

神戸地検は容疑者死亡につき不起訴処分に
(写真1枚)

神戸市中央区のJR東海道本線(神戸線)元町駅で2月、神戸市西区の男性会社員(当時42)が線路に飛び込み、通過中の新快速電車に衝突して巻き込まれた乗客が大けがをした事故で、神戸地検は20日、電汽車往来危険・傷害容疑で容疑者死亡のまま書類送検された男性会社員を不起訴処分とした。

関連記事