ラジオって何で聞こえるの? ラジオ送信鉄塔の高さのヒミツ

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

「ラジオはいったいどういう仕組みで聞こえるの?」 そのなかで重要な役割を持つのが、送信鉄塔です。普段はラジオの裏方を務める技術スタッフが、ラジオ番組のなかで、送信鉄塔を備える送信所について、解説しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 近年、スマホやPCでラジオ番組を楽しむことが増え、若い世代では、実際に電池を入れた「ラジオの受信機」が家にない、見たことがないという人も少なくありません。

 インターネットがつながっていない「ラジオ受信機」はどうやって音を受信しているのでしょうか……。

ラジオ受信機
ラジオ受信機

 ラジオは、ラジオ局の送信アンテナから送信された電波を受信し、復調(再現)して「音」になっています。

 そのなかで、中波、AMラジオの送信アンテナはどのぐらいの高さでしょう。

 AMラジオのアンテナは電波の波長の0.53~0.625、つまり、およそ半分で作るのがいちばん効率が良いとされています。波長は光の速さを周波数で割ることで求められます。

 神戸のラジオ局、ラジオ関西(神戸市中央区)の周波数の場合、AM558KHz(キロヘルツ)ですので、光の速さ、秒速およそ毎秒30万キロメートルを、558kHzで割って、537メートルに。半分の高さのアンテナとしても、およそ268メートルの鉄塔にもなります。

 ラジオ関西のAMの送信アンテナは淡路島にあり、中継局が豊岡にあります。淡路島の高速道路を車で走っていると、ラジオ関西の送信アンテナが見えるのですが、268メートルもの長さはありません。


もし興味がある方は、番組にハガキでおたよりをお待ちしています。
宛先 〒650-8580 ラジオ関西『おしえて!サウンドエンジニア』
ラジオ関西技術センターがお送りする番組で、あなたの質問が読まれるかも……!


※ラジオ関西『おしえて!サウンドエンジニア』2021年5月2日放送回音声

LINEで送る

おしえて!サウンドエンジニア | ラジオ関西 | 2021/05/2/日 08:25-08:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事