~憲法記念日に思う~ 「自発的判断」を意味する『自粛』、日本では「同調圧力」になっていないか? 弁護士・藤本尚道さん

藤本弁護士「コロナ対策における法整備は『過度な自由制限』」を助長させるものではない」と指摘
「まん延防止等重点措置」実施前の大阪駅前(2021年4月2日)
3度目の「緊急事態宣言」初日 大阪駅前は2020年春・最初の宣言下より外出者が微増も「かなり抑えているほう(30代・男性会社員)」(2021年4月25日)
飲食業以外でも「休業」を選択する店舗も(京都市内・みやげ物店)
臨時休業の名のもとに営業再開未定の店舗が目立つように(大阪市内・飲食店)
市民は「非常事態」との意識を持ちながらも、「コロナ慣れ」の恐ろしさを感じながら生活している
4月、オープンしたばかりの「神戸阪急三宮ビル」緊急事態宣言下での”臨時休業”
コロナ感染の再拡大を早期につかむためのモニタリング検査(神戸市内 2021年4月9日)
神戸市では4月20日から高齢者向けワクチン優先接種予約スタート(神戸市・会見 2021年4月15日)
日本国憲法・前文
憲法13条「幸福追求権」
憲法25条「生存権」
「憲法って、なんだろう」(2008年・奈良弁護士会)集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法成立前、安倍政権下で憲法改正論議が具体化する前、子どもたちへのリーフレット
藤本弁護士「コロナ対策における法整備は『過度な自由制限』」を助長させるものではない」と指摘
「まん延防止等重点措置」実施前の大阪駅前(2021年4月2日)
3度目の「緊急事態宣言」初日 大阪駅前は2020年春・最初の宣言下より外出者が微増も「かなり抑えているほう(30代・男性会社員)」(2021年4月25日)
飲食業以外でも「休業」を選択する店舗も(京都市内・みやげ物店)
臨時休業の名のもとに営業再開未定の店舗が目立つように(大阪市内・飲食店)
市民は「非常事態」との意識を持ちながらも、「コロナ慣れ」の恐ろしさを感じながら生活している
4月、オープンしたばかりの「神戸阪急三宮ビル」緊急事態宣言下での”臨時休業”
コロナ感染の再拡大を早期につかむためのモニタリング検査(神戸市内 2021年4月9日)
神戸市では4月20日から高齢者向けワクチン優先接種予約スタート(神戸市・会見 2021年4月15日)
日本国憲法・前文
憲法13条「幸福追求権」
憲法25条「生存権」
「憲法って、なんだろう」(2008年・奈良弁護士会)集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法成立前、安倍政権下で憲法改正論議が具体化する前、子どもたちへのリーフレット

(写真13枚)

関連記事