「ピアノの鍵盤はどうして白と黒?」素朴な疑問を調べてみた

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 ここ数年、駅や商業施設にストリートピアノが設置され、誰もが自由にピアノを弾ける機会が増えています。このムーブメントは日本全国に広がっており、神戸市でも25か所にピアノが設置され、通りかかった人が気軽にピアノ演奏を楽しむ環境が整っています。

 さらにコロナ禍の影響で「おうち時間」が増え、部屋で気軽に演奏できる電子ピアノやウクレレなど楽器を購入する人が増えています。

 ピアノに触れたり、間近に感じたりできる今だからこそでしょうか、ピアニストとして活動するなかで、ピアノに関する素朴な疑問を耳にするようになりました。そのなかにあった1つが、「どうしてピアノの鍵盤は白と黒なの?」。

 想像してください。もしピアノの鍵盤が全部同じ大きさで、同じ色だったら!?

 どの鍵盤が「ド」の音かわかりますか? ダジャレみたいですね! しかし、全部同じ鍵盤だと、どこにどの音があるのか、わからないのです。

 そもそも鍵盤って、どうして大きいものと小さいものがあるのでしょうか。

 オーケストラが演奏前、音合わせをする風景を見たことがありますか? いろんな楽器が一緒に演奏しますので、音をあわせておかないと大変なことになります。音合わせは、オーボエが「ラ」を吹くと、バイオリンなどの弦楽器がこの音にあわせてチューニングします。

 ピアノの鍵盤も「ラ」の440Hzを中心に調律します。1オクターブ上の「ラ」は880Hz。Hz(ヘルツ)は1秒間の振動をあらわす単位で、音が高くなるほど、振動は早くなります。1オクターブを均等にわけると、音は12個。

「ラ」「ラ#」「シ」「ド」「ド#」「レ」「レ#」「ミ」「ファ」「ファ#」「ソ」「ソ#」

 それをひとつずつ同じ大きさの鍵盤にすると……、きっと演奏しにくいですよね―。場所がわかり、かつ演奏しやすく指がはこびやすいようにという、先人たちの試行錯誤が今の鍵盤の形を生んだのでした。

 それではピアノの歴史をご紹介しましょう。

 1300年頃、クラヴィコードという楽器が発明されました。クラヴィコードは四角の机みたいな姿で、鍵盤を弾くと弦を叩くような仕組みになっていました。鍵盤はすでにこのような形になっていましたが、今のピアノのような音ではありません。

 その後、1500年ごろにイタリアでチェンバロが誕生します。爪が弦をはじいて音を出す仕組みですが、形は現在のピアノに近くなりました。

 そして1700年頃になると、もっと音楽に強弱をつけてダイナミックな演奏ができるクラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ(強弱がつけられるクラヴィチェンバロ)が開発されました。その後も楽器の改良は続けられましたが、現在のピアノはこの長い名前を略して「ピアノ」と呼ばれています。

神戸・旧居留地に設置されているスタインウェイ製のストリートピアノ

 さて、お話を「白と黒の鍵盤」に戻しましょう。このようにして進化を遂げる鍵盤楽器。木製の鍵盤を白く美しく保つために考えられたのが鍵盤に「象牙」を貼ることでした。

 1700年代の終わりのヨーロッパでは、「うちのピアノにはこんなに象牙を使ってますのよ!」と、お金持ちの自慢にも使用されたそうです。

 さて、「どうしてピアノの鍵盤は白と黒なの?」というご質問をめぐり、ピアノのお話をめぐるお話をお楽しみいただきましたが、こたえは「わかりやすいから」でした。

 どうぞみなさん、この長い歴史をへて進化したすごい楽器「ピアノ」で楽しく音を奏でましょう!

(文:天宮遥)

(出典元)
「鍵盤楽器の歴史」F.E.カービー著、千蔵八郎訳 / 全音楽譜出版社
「ピアノ誕生ストーリー」ヤマハ株式会社ホームページ


◆ラジオ関西『天宮遥の私はピアノ』
【番組ブログ】

LINEで送る

天宮遥の私はピアノ | ラジオ関西 | 2021/05/14/金 06:15-06:45

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事