年数表記のないウイスキー『ノンエイジ』がブームの理由 「高コスパで…」バーテンダーに聞く

(写真2枚)

ウイスキーは、蒸溜した原酒を木の樽に詰めて長い期間熟成させることで香りと色がつき、深く魅力的な味わいに仕上がります。ボトルに「12年」「18年」などと熟成年数が表示されていますよね。熟成期間が長いウイスキーほど美味しくて高価、と一般には受け止められています。

関連記事