トレンド音楽の発信源「TikTok」では「昭和」の楽曲もバズる? 今、40年前のアニソンで踊る若者が続出中

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

この記事の動画を見る

 2020年、無名のシンガーソングライター、瑛人が『香水』という楽曲で突然ヒットチャートを席巻したことは記憶に新しい。ブレイクのきっかけは、動画アプリ「TikTok」。一般の投稿者やプロのアーティストによる『香水』のカバー動画により一気に火がつき、大みそかの『第71回NHK紅白歌合戦』で披露されるほどのヒットソングとなった。

香水 / 瑛人 (Official Music Video)

 今や、TikTokは、若者の流行曲の発信源といえる。Apple MusicやSpotifyなど、音声配信サービスのランキングを見ると、上位にはTikTokでバズった(爆発的に拡散され注目を集めた)楽曲が並ぶ。TikTokで楽曲の一部を使用した動画がバズる→YouTubeのMVや音声配信サービスで再生される→メディアが取り上げ、世間に広く浸透する→ブレイク……という流れは、多くのアーティストが狙う黄金ルートとなっている。

 ところで、TikTokでバズる楽曲は、最新の楽曲ばかりなのだろうか。TikTok利用者の大半がおそらくまだ生まれていないであろう「昭和」にリリースされた楽曲でも、流行する可能性はあるのだろうか。その謎を解き明かすため、一週間(※)にわたって、TikTokの人気投稿をチェック。昭和の楽曲が拡散されていないか検証した。
(※2021年6月1日~2021年6月8日)

bigtunaonline (C)123RF.COM

◆令和の曲だけじゃない!5年以上前の曲を発見

 やはりTikTokで若者たちが踊ったり歌ったりしている楽曲は、大半が最新のものだ。ほとんどが少なくともここ1~2年の間に発売されている。しかし、なかには令和の曲以外のものもあった。

 一つは、椎名林檎が2015(平成27)年にリリースした『長く短い祭』。東京事変の浮雲とのデュエット曲で、「女盛りを如何しよう(どうしよう)」という歌詞が印象的だ。TikTokでは、女性の投稿者による「一夜を共にした男女」の会話という設定で公開されている動画のBGMとして使用されている。女性の寝起きと昨夜の華やかな姿の違いを自ら対照的に表現した内容となっていて、ユニークだ。

椎名林檎 - 長く短い祭

 次は、氣志團が2014年にリリースした『喧嘩上等』。裏稼業の世界で奔走する女性を描いた、尾野真千子主演ドラマ『極悪がんぼ』の主題歌だが、TikTokでは、この曲をBGMに、女子高生たちが、暴走族風に学校の廊下などを歩き、ポーズを決める動画が多数投稿されている。暴走族を題材にしたアニメ『東京リベンジャーズ』をきっかけとして流行っているというが、これもまた面白い映像となっている。

氣志團 / 喧嘩上等

 上記2曲は、今から5年以上前にリリースされた楽曲。つまり、必ずしも最新の曲がバズるわけではないということだ。とはいえ、「最新」でないにしても、「最近」の曲ではあるかもしれない。はたして30年以上前となる「昭和」の楽曲は、インフルエンサーたちの動画投稿に使われているのか。

◆1曲だけあった!大人気アニメ作品の主題歌

 TikTokの動画を無数に再生していくなかで、ついに見つけた。1981(昭和56)年リリースの楽曲『ラムのラブソング』(松谷祐子)だ。大人気アニメ『うる星やつら』の主題歌で、「あんまりソワソワしないで」のフレーズはあまりにも有名。TikTokでは、まさにそのフレーズから始まるサビにあわせた振りで踊る動画が多数投稿されている。

ラムのラブソング

 その火付け役は、男性3人組グループ「ローカルカンピオーネ」。様々な楽曲にオリジナルのダンスをつけた動画を投稿し、数々のトレンドを生み出し続ける大注目の存在だ。

from LC - KOUMIETE (Official Music Video)

 彼らが考案した『ラムのラブソング』の振り付け動画は、投稿後1週間で、10万件以上の“いいね”が付けられ、再生数も100万回を超えている。さらに人気TikTokerらも彼らの振りを真似して踊った投稿を公開し、次々に拡散。昭和の楽曲がバズっている様子を目の当たりにすることとなった。

◆世代じゃないのになぜバズるのか?

 おそらく『ラムのラブソング』で踊っている投稿者のなかで、『うる星やつら』世代の人はほとんどいないだろう。にもかかわらずなぜ、ここまで拡散されたのか。TikTokのフォロワー数が合計60万人のアイドルデュオLovelysに理由を聞いてみた。

「私たちも『うる星やつら』を観たことはありませんでしたが、『ラムのラブソング』のサビ部分は何度も聴いたことがありました! 耳なじみがある曲で、かつローカルカンピオーネさんの振り付けが、誰でも簡単にできるキャッチーなものだったので、『やってみよう!』と考えた人が増えたのではないでしょうか」

 また、楽曲に関してはいつの作品であるかはあまり関係がなく、簡単で真似しやすい振り付けがあったり、逆に多少難しくても覚えて踊りたくなくなるものであったりすれば、流行る可能性はあるという。曲調はアップテンポなものが比較的バズりやすい印象があるそう。

 音楽トレンドの発信源となっているTikTok。ユーザーと世代がかけ離れた楽曲であったとしても、そこにインフルエンサーたちが、映像やダンスなど、オリジナルの要素をプラスすることで、それが新しいコンテンツとなり、トレンド化する可能性を持っている。瑛人の『香水』を使った動画が投稿されるようになったのは、リリースから約1年後だったように、今後、埋もれたままの良曲が、突然、若者文化のなかで発掘され、注目を集めることもあるかもしれない。


@localcampione

俺らが可愛すぎるからって、あんまりソワソワしないでね🥰LCが誰より1番❤️##ソワソワチャレンジ##ローカルカンピオーネ ##ローカルカンピオーネ🗾👑 ##松谷祐子 ##ラムちゃんのラブソング

♬ ラムのラブソング - Yuko Matsutani


@yua_mikami

1番にしてっ👶🏻

♬ ラムのラブソング - Yuko Matsutani


@no_st

調子乗りました1度だけお許しを

♬ オリジナル楽曲 - レモンT🍋🍵((̵̵́ ̆͒͟˚̩̭ - レモンT

関連記事