飼育員さんの回答が「すごい」と話題! 子どものどんな質問にもズバリ 「ざりがに ひよこ きんぎょ」←どう答えた?

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

この記事の動画を見る

この記事に関するInstagramを見る

 コアラをはじめ、たくさんの動物と出会える「淡路ファームパーク イングランドの丘」(兵庫県南あわじ市)。ここでは、来園した子どもたちが動物のアレコレについて質問できる「質問回収ポスト」というものが存在する。

「コアラの握力が強いって本当?」「動物って虫歯になるの?」など、子どもたちの素朴な「なぜ?」に対し、飼育スタッフがイラスト付きで回答をしているのだが、これがSNSで話題を呼んでいる。

「コアラの握力が強いって本当?」 ※「飼育員さんのすごいこたえ」(著:淡路ファームパーク イングランドの丘/ワニブックス刊)より
「どうぶつってむしばになりますか」 ※「飼育員さんのすごいこたえ」(著:淡路ファームパーク イングランドの丘/ワニブックス刊)より

 その理由は、思わず見入ってしまう”上手すぎるイラスト”と、少しのユーモアを交えた回答文だ。そんな同園の質問&回答集が、今年の5月に「飼育員さんのすごいこたえ」というタイトルで書籍化した。

「飼育員さんのすごいこたえ」(ワニブックス)
「飼育員さんのすごいこたえ」(著:淡路ファームパーク イングランドの丘/ワニブックス刊)

「2019年の夏頃、子どもの自由研究のヒントになれば……と思って、質問回収ポストを設置したのが始まりでした」。そう話すのは、イラスト執筆と回答を担当する飼育員・後藤さん。最初は文章での回答のみでなかなか読んでもらえず、イラストを添えるようにしたと言う。リアルタッチで描かれた動物の絵は、完成するのに約15~30分、夢中になると1時間以上かかることもあるそうだ。

 子どもたちから寄せられた質問については「飼育員にとっては当たり前のことでも、改めて質問されるとハッとするようなものがあり、刺激を受ける」と語る。

 ここで、「飼育員さんのすごいこたえ」に掲載されている質問の一部をご紹介!

「お兄ちゃんになったらコアラにえさをあげたい」
「お兄ちゃんになったらコアラにえさをあげたい」 ※「飼育員さんのすごいこたえ」(著:淡路ファームパーク イングランドの丘/ワニブックス刊)より

Q:お兄ちゃんになったらコアラにエサをあげたい
A:コアラの飼育員になってくれるんですね!履歴書を持って会いに来てくれるまで待っています。

 このように、子どもたちの純粋な疑問に対し、後藤さんが丁寧に回答している。そして、なかにはこんな質問も。

Q:なぜ嫁は怒るのですか?
A:そういうことを言っちゃうところが、奥様の癇に障ってしまうのだと思われます

など、大人の相談にも真摯に回答。

なぜ、嫁は怒るのですか
「なぜ、嫁は怒るのですか」 ※「飼育員さんのすごいこたえ」(著:淡路ファームパーク イングランドの丘/ワニブックス刊)より

 さらには、幼い子どもが書いたと思われる「ざりがにひよこきんぎょ」という質問には、なんともユニークな「絵」で回答することも!

ざりがにひよこきんぎょ
「ざりがにひよこきんぎょ」 ※「飼育員さんのすごいこたえ」(著:淡路ファームパーク イングランドの丘/ワニブックス刊)より

 ページをめくるたび、ほっこりと癒されたり「そうだったんだ!」と新たな発見があったり、思わずクスリと笑ってしまう「飼育員さんのすごいこたえ」は、子どもだけでなく大人も夢中になれる1冊だ。

「淡路ファームパーク イングランドの丘」では、現在も質問受付中。イラスト付きの回答文は、園内の掲示板にて張り出されている。そのほか、園内では今春生まれたプレーリードッグやヒツジの赤ちゃんがスクスク成長しており、毎年好評のヒマワリ畑も準備中とのこと。

※ラジオ関西『PUSH!』2021年6月16日放送回より

■「飼育員さんのすごいこたえ」
著:淡路ファームパーク イングランドの丘
発売:ワニブックス
発売日:2021年5月19日(水)
定価: 1,000 円+税 (税込み1100円)


【「淡路ファームパーク イングランドの丘」公式HP】

LINEで送る

関連記事