「ハンカチと替えのマスクがいるほど涙」 長野オリンピック「日の丸飛行隊」をめぐる実話に心が震えた

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

この記事の動画を見る

 1998年長野オリンピック、スキージャンプ団体戦で日本チームが成し遂げた、奇跡の金メダル。その栄光に隠された感動の実話、田中圭主演の映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』が現在公開中。今作の魅力を、映画をこよなく愛するラジオパーソナリティー・増井孝子さんが解説します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 これはアカン、絶対泣く! あの長野オリンピックの日の丸飛行隊をめぐる実話だし、表舞台ではなく、舞台裏とくれば絶対すごいドラマが隠されていて、涙腺崩壊は必至だし……と、覚悟して劇場に足を運んだ。

 果たして、マスク装着が求められているときで本当に良かった、と思うぐらい泣いた。

 コロナ禍でオリンピックの開催の可否が云々される昨今、それにかかわる人たちにとっては、オリンピックというものがいろんな意味でいかにスゴイものであるかということにも、改めて思いをめぐらせることにもなった。

 やっぱりオリンピックは、ただのスポーツ競技会ではないのだ。

 日の丸を背負って……と言われるが、その名誉と重荷はいかばかりのものか……その本当の大変さはもちろん当事者にしか分からないものなのだろうが、尋常なプレッシャーではないことは想像できる。

 1994年リレハンメルオリンピックでのスキー・ラージヒルジャンプ団体戦、西方仁也、岡部孝信、葛西紀明、原田雅彦の4人の選手たちは、金メダルを目前にしながら、エースの原田雅彦の失敗により、銀メダルに。

 帰国後のインタビューなどで身をもって感じた「金メダルと銀メダルの大きな差」。4年後の長野オリンピックではリベンジを誓いあったメンバーたち。だが、練習中のケガもあり、代表候補として有力視されていながら惜しくも選手に選ばれなかった西方仁也(田中圭)。地元長野での開催というのに、そこに参加することが叶わなかった彼の元へ、テストジャンパーという裏方として、代表選手たちを支えてくれないかというオファーが来る。

 競技が始まる前、ジャンプ台の雪を踏みしめ、危険がないかを身をもって飛んで確かめるというテストジャンパーは、大会運営にとっては重要な仕事だがあくまでも裏方、そこに観客の声援はない。


◆「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」
キャスト:
田中圭 土屋太鳳 山田裕貴 眞栄田郷敦 小坂菜緒(日向坂46)
濱津隆之 / 古田新太
監督:飯塚健
脚本:杉原憲明 鈴木謙一
主題歌:MISIA「想いはらはらと」(Sony Music Labels)
挿入歌:MAN WITH A MISSION「Perfect Clarity」(Sony Music Labels)
企画プロデュース:平野 隆
製作:「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」製作委員会
配給:東宝
(C)2021映画『ヒノマルソウル』製作委員会
【公式サイト】

LINEで送る

関連記事