ブレイク芸人・ヒコロヒーが松竹芸能に入った理由 実は「就活」のため 大学落研時代といま <インタビュー>

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

この記事の動画を見る

この記事に関するTwitterを見る

 松竹芸能のピン芸人・ヒコロヒーさんは大学時代に落研に所属しており、学祭で披露したコントがきっかけで芸人の世界に足を踏み入れました。切れ味鋭いひとりコントを武器に『THE W』、『R-1グランプリ』で準決勝進出。また、ピン芸人・みなみかわさんと組んで『M-1グランプリ』に出場し、芸人社会のジェンダーに切り込む漫才で注目を集めました。

 さらに、「タバコ好き・借金がある」という媚びないスタイルも人気の一要素。「芸人の仕事に集中し、売れるために総額500万を借りる」ことを目的にしたYouTubeチャンネル『ヒコロヒーの金借りチャンネル』では、その話術で「金借り」をエンタメに昇華。バラエティ番組やネットラジオなど様々なメディアで活躍するヒコロヒーさんに、芸人になった経緯や現在の生活についてお話を聞きました。

ヒコロヒー

◆「映画の配給やラジオ制作の仕事がしたくて」松竹芸能へ

―――ヒコロヒーさんは、近畿大学に在学中「文化会落語講談研究会(落研)」に所属していました。なぜ落研に入られたのでしょうか?

【ヒコロヒー】「勧誘してくれた人が男前だった」、それだけが落研に入った理由です(笑)。もともと、サークルには入らずバイトを頑張りたいと思っていたタイプだったんですよ。バイトをいっぱいしてお金を稼ごう、みたいな。なのでサークルに入るつもりは本当になかったんですけど、まぁ縁ですよね。その先輩が誘ってくれたから。

―――当時、落研ではどんな活動をしていたんですか?

【ヒコロヒー】年に2回くらい発表会みたいなことをしていました。それをしないと大学から予算をもらえないので。それぞれ自分が覚えた落語を披露するんですけど、みんな適当でしたね。いわゆる「ライブ」ではなくて、「寄席」という感じです。出囃子も自分たちで弾かないといけないので、三味線とか太鼓は一通り練習して。活動自体は週に1~2回あるか無いかで、あとはずっと部室で麻雀したり、映画を観たり、漫画を読んだり、喋ったり……。なので、本当に「予算のため」の活動でしたね。その予算で、旅行がてら合宿に行ったりしていました。当時はけっこうちゃらんぽらんな部活だったんで、「芸人になろう」と思っている人はいなかったですね。そんな感じなんで、私も「学生芸人だった」っていう自覚はないんです。

―――確かに、私がイメージしていた「学生芸人」とは違いそうです。最近は学生お笑い出身者が賞レースで結果を出したり、『アメトーーク!』(テレビ朝日)で「大学お笑いサークル芸人」回が放送されたりと、少しずつ「学生芸人」の知名度が上がっているような気がします。

【ヒコロヒー】「名前がついた」って感じなんでしょうね。これまでも学生時代からお笑いに取り組んでいた人はいたけど、そこに「学生芸人」っていう名前がついたことで裾野が広がったのかな、と。そういう感じがします。

―――なるほど、確かにそうかもしれません。ちなみに松竹に入るきっかけが、大学2年のときに学祭で披露した「ひとりコント」だそうですね。それを見た事務所の方からスカウトされたとか。

【ヒコロヒー】そのひとりコントも、超適当ですよ。喋って、その中にちょっとモノマネみたいなの入れて。とにかく「出りゃいい」というだけだったから。花の女子大生ですから、「お笑い芸人になりませんか?」ってスカウトされても「ふぅ~ん」って感じですよ(笑)。モデルさんとかアイドルさんのスカウトだったら、当時ハタチくらいの私も「おっ!」と色めき立ったかもしれないですけど(笑)。でもちょうど就活が始まるタイミングだったので、就職にも繋がるかな、と思って松竹に連絡しました。映画の配給やラジオ制作の仕事がしたくて、松竹ではそういう分野の仕事もあったので役に立つかな、と。本当になにがきっかけになるか分からないですよね。

◆おいでやす小田らとの共演で、ピン芸人の魅力を知った

―――そこから養成所に通って、レッスンを受けるようになったんですね。

【ヒコロヒー】そんなに「お笑いを教えてもらう」って感じでもなかったです。当時きつねさんとかAマッソが養成所にいて仲良かったんで、「学生が習い事で友だちができたから、そいつらに会いたくて行く」みたいな感じで。大学も行ってたし、就活もしてたんで。作家にも嫌われてましたし(笑)。

―――大学は卒業せず、中退されたそうですね。ここが芸人を目指すターニングポイントになったんでしょうか?

【ヒコロヒー】大学は、そもそも辞めたかったんですよ(笑)。単位も取れないし、ずっと「辞めたい辞めたい」と思ってて。だから、ちょうど良い免罪符というか……若者が「夢が見つかったんで学校辞めたいです」とか言ったら、大人たちはけっこうグッと来るんですよね。それを前面に押し出して、「お笑いで頑張りたい」を理由に大学を辞めた感じでした。

―――では、大学を辞めた時点で「お笑いの道に進む」と決意していたわけではないんですね。

【ヒコロヒー】そうですね、辞めたタイミングではそうじゃなかったです。フリーターになろうと思ってました。

―――そこから「芸人になろう」というスイッチが入ったのはなぜですか?

【ヒコロヒー】これといったきっかけがあったわけじゃないんです。でも、ライブで共演した先輩たちが影響しているかもしれません。当時よくインディーズライブに出させてもらってたんですけど、それが吉本の芸人さんが主催されてるライブだったんです。今でこそ「このメンバーはすごい」ってなりますけど、当時はまだ無名だったヒューマン中村さんとか、三浦マイルドさん、おいでやす小田さんとかが出てらして。そういう先輩たちとご一緒させていただいて、ピン芸人の面白さや楽しさみたいなことを感じたんですよね。ピン芸人ってすごく難しいと思うんですけど、だからこそやりがいがあるというか。大変だけど、逆に言うとすごく自由やし。そういうところに魅力を感じたんですかね。

◆東京進出、そしてブレイク中の今の生活「楽しい」

―――ヒコロヒーさんは、ここ1~2年で急激にメディア出演が増えた印象があります。なにがきっかけで仕事が増えたか、ご自身では覚えていますか?

【ヒコロヒー】『ゴッドタン』(テレビ東京)とか『有田ジェネレーション』(TBSテレビ)に出させていただいてから、仕事が増えたと思います。その直後に『TimeTree』(スケジュール共有カレンダー)が仕事で埋まるようになったので、仕事の増加が可視化できましたね。

―――春からは『キョコロヒー』(テレビ朝日)が始まるなど、最近もかなりお忙しい日々を過ごしているのではと思います。今の生活はいかがですか?

【ヒコロヒー】良いと思います。忙しいですけど、嫌じゃないですね。大阪から東京に来たときは、もっと悲惨な未来が待っていると思ってたんですよ。すぐ売れなくて当然だと思ってたし、早く売れたいけど、それよりもちゃんと実力をつけることが大事だと思っていたので。昔の自分がなにを理想にしていたのかあんまり覚えてないですけど、今の生活は楽しいです。

―――ちなみにヒコロヒーさんにとって「売れる」ってどういうことだと思いますか?「ゴールデンで冠番組を持つ」「豪邸に住む」などそれぞれ定義があると思うのですが……。

【ヒコロヒー】私にとっては、「世間様に認めていただく」ことですね。売れる・売れないは芸人側が決められるものではないというか。何をもって認めてもらえるのか分からないですけどね……たとえば、地方でも道で会ったら気付いてもらって「あ、ヒコロヒーや」って話しかけたくなるくらい愛していただける、とかですかね。

―――最後に、今後ヒコロヒーさんがやってみたいことを教えてください。

【ヒコロヒー】いっぱいあるんですけど、「金貸し」ですね。借りる側は卒業して、金を貸す側になりたいです。顔が割れていて逃げにくいやつに貸す。そして、利息で生活します(笑)。

(ヒコロヒーの金借りチャンネルより)

(取材・文=堀越愛)

●公演情報
【ヒコロヒー 単独ライブ「best bout of hiccorohee」】
2021年7月10日(土)
昼公演:13:30開場/14:00開演 夜公演:18:30開場/19:00開演
北沢タウンホール(劇場チケット完売)
オンラインチケットは7/17(土)23:59まで購入可能


【詳細】ヒコロヒー 単独ライブ「best bout of hiccorohee」

関連記事