女子バレーボーラーはジャニーズがお好き?! ヴィクトリーナ姫路、選手の素顔に迫る

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 バレーボールの国内トップカテゴリーで活躍する現役選手のキャラクターとは……。Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路を応援するラジオ番組が、バレーボーラーの素顔にせまった。

© 2020 ヴィクトリーナ姫路
ヴィクトリーナ姫路

『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)では、「答えて!ヴィクトリーナ」のコーナーで選手やスタッフにアンケートを実施。6月28日の放送回では、アウトサイドヒッター3選手をピックアップし、パーソナリティーの菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)と佐藤りな(スタジアムMC)がアンケートをもとにトークを展開した。

◆関ジャニ∞愛強し! ストイックな一面も

 1人目は背番号8番、アウトサイドヒッター・宮地佳乃選手。

<試合前に必ず行うこと>に「関ジャニ∞の音楽を聴きまーす」と回答した宮地選手は、<試合前に聞く曲、お気に入りの曲>にも「関ジャニ∞」を挙げれば、<宝くじ100万円当たったらどう使いますか?>でも「関ジャニ∞のグッズを買いまくる」と回答。「相当好きですね」(菅原)、「関ジャニ愛にあふれているね」(佐藤)とパーソナリティー陣も感心するほど、関ジャニ∞推しを強調していた。

ヴィクトリーナ姫路の宮地佳乃選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

 また<試合、練習でやらかしたエピソード>には「タオルを忘れてチャリで2往復した」とのこと。「練習前のアップ完了ですね、これで(笑)」(菅原)。

 一方、<ここだけはチームでNo.1と思うところ>には「栄養の知識」を挙げ、アスリートとしてストイックな一面も見せる。「宮地選手はすごく自分にストイックというのを聞いて、家にトレーニング器具があって、コロナで自粛の時も家で頑張ってトレーニングしていた」(菅原)。これには佐藤も「食事のことも自分で管理して、トレーニングもしっかりして、アスリートの鏡だね」と絶賛していた。

◆ハッピーオーラ全開も「見かけによらず真面目」

 2人目は背番号12番、アウトサイドヒッター・孫田菜奈選手。

<試合前に必ず行うこと>に「エネルギーゼリーを食べること」をあげた孫田選手は、<一番思い出に残っている試合>として「大学4年生の全日本インカレの決勝。あと1点が遠くて、バレーボールは本当に流れが大切だと思った試合」と回答した。この試合を見ていたという菅原は、「決勝で孫田選手が大活躍していた試合だったけど、惜しくも負けちゃった。すごくいい試合だった」と振り返った。

<宝くじ100万円当たったらどう使いますか?>には「推しに貢ぐ」と答え、パーソナリティー陣も「推し」が誰か気になる様子。ちなみに<試合前に聞く曲>では「ジャニーズWEST、マカロニえんぴつ」と答えており、「絶対(推しは)それじゃないですか? 皆ジャニーズ好きですね」(菅原)。

ヴィクトリーナ姫路の孫田菜奈選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

 明るくムードメーカーの孫田選手だが、<第一印象でよく〇〇と言われます>は「アホ」と記入。佐藤は「プレー中にニコニコしているから、逆にアホっぽく見られちゃうってこと?」と問いかけ、菅原も「それもあるのかな? 確かにすっごく元気ですからね」と孫田選手の明るさに同意した。「いるだけで明るいオーラと、ハッピーなイメージがあるもんね」(佐藤)。

 しかし<ここだけはチームでNo.1と思うところ>では「朝の機嫌の悪さ、いつでも元気」と回答し、「めっちゃ矛盾してませんか?」と菅原が突っ込む。また<試合、練習でやらかしたエピソード>は「見かけによらず真面目でしっかりしているので、心当たりがありません」と答え、これにも「これ孫田選手突っ込みまち?」(佐藤)、「あ、突っ込み待ちか。計算しているのか……」(菅原)と孫田選手らしい独特な回答に盛り上がった。

◆ライバルは自分! いかにもバレーボーラーらしい回答も

 最後は背番号16番、アウトサイドヒッター・清水茜里選手。

<試合前に必ず行うこと>に「ハンドクリームを塗る」と、バレーボーラーならではの回答をよせた清水選手。<ずばりライバルは?>という項目には、宮地選手や孫田選手と同じく「自分自身」を挙げていた。「皆やっぱり自分と戦っているんだね。とにかく自分の気持ちが負けないようにっていう強い心を持っているんだね」(佐藤)。

ヴィクトリーナ姫路の清水茜里選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

<こう見えて私〇〇なんです>には「収集癖があります」とあり、「何を集めているんだろう?」と佐藤は興味深々の様子。ちなみに、<第一印象でよく〇〇と言われます>では「不愛想」、<ここだけはチームでNo.1と思うところ>では「人見知り度がNo.1」を挙げ、清水選手も「アスリートあるある」の回答を列記するも、照れ屋で、内に秘める思いが強い選手ともいえよう。

 その他<試合、練習でやらかしたエピソード>では「夏のトレーニングの時に全身つったこと」と答えた清水選手。「全身つるってあるの?」と佐藤が驚くと、菅原が「これ、しんどいんですよ。高校のときの同級生で、1回真夏に全身がつっていた子がいたんですが、本当に横になっていないとダメな感じですね」と、その大変さを説明していた。

 番組では今後も選手、スタッフのアンケートを紹介していくという。


【ヴィクトリーナ姫路 公式HP】
【ヴィクトリーナ姫路ファンクラブ「VICTORINA FAMILY」】

ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』では選手に向けた応援メッセージを大募集! 皆さんからの熱いメッセージを『ヴィックエール』と名付け、番組内で紹介している。ヴィクトリーナ姫路を一緒に盛り上げるため、はがき、または、メールで番組までぜひ送ってほしい。

【はがき】〒650-8580 ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』係
【メール】117vic@jocr.jp
【Twitter】『#ヴィックエール』(ハッシュタグ ヴィックエール)をつけて投稿

菅原未来と佐藤りな
『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来と佐藤りな(写真:ラジオ関西)

LINEで送る

関連記事