熱海・土石流災害「土の恐ろしさ、水の怖さ…これまでにない危険が襲う」現場派遣の兵庫県警救助隊員が語る

重機が使えないスペース、スコップやのこぎりなどを使い手作業で土砂をかき分ける<※画像提供・兵庫県警災害対策課>
(写真9枚)

静岡県熱海市・伊豆山の大規模土石流災害の現場で、捜索活動に派遣された兵庫県警の広域緊急援助隊約35人が帰還、隊員2人がラジオ関西の単独インタビューに答えた。

関連記事