“絶妙な距離”といわれる「野球の塁間」 3メートル離したら試合は成立するの? やってみた

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

「野球の塁間は、アウトかセーフか、ゲームがスリリングに面白くなるように絶妙な距離に設定されていると言われていますが、その距離が変わったらどうなるのか、検証してください」と、あるリスナーさんからメッセージをいただきました。

 そこで今回、ラジオ番組『バズろぅ!』(ラジオ関西)の“ラジオパーソライター”(ラジオパーソナリティー+ライター)、私、わきたかしが、実際にやってみました! 某日、兵庫県加古川市の日岡山公園野球場に、東播磨の野球好きや本格的な野球経験者に集まっていただき、試合形式にして、軟式野球で検証しました。

 一般(プロ野球・高校野球・中学野球)の野球のルールでは、塁間は27.431メートル、マウンドからホームベースまでの距離は18.44メートル、ホームベースから二塁までの距離は38.795メートルと規定されています。

 それを今回、すべて3メートル長くしてみました! それでは、プレイボール!

 まず、距離が延びてピッチャーが大変なのではないかと。投げてみた感想を聞いてみました。

「やっぱり、バッターまで長く感じますから、ボールの手のはなすポイントが従来とは変わります。その加減なのか、動作に力が入り、少し体力を使うなぁと感じますが、3メートルくらい長くなったとしても、ストライクゾーンにボールを集めることはできますよ」

 ですから、ストライクをちゃんと取っていけるということで、フォアボール連発なんてことにはならず、しっかりゲームは進行していきました。

 それに対してバッターですが、ピッチャーが3メートル後ろから投げてきますがどうですかと聞いてみました。

「投球モーションからホームベースまでの距離が長いので、ボールの見極めや、ストライク、ボールの判断がしやすいです。そして変化球の起動につられることも少なくなり、自分の好きなコースを狙っていけるなと思います」

 続いては、バッターが打った後の守備や打者の走塁の話ですが……、

 守備の方に聞きますと

「内野ゴロを捕球した後、打ったバッターは一塁に向かって全力疾走しますが、3メートル長いですから、あわてて送球する必要がないので、落ち着いてファーストに投げることができ、ゆうゆうでアウトにできますね」

「守備位置も3メートル後ろあたりに構えていますので、守備範囲も広いでしょう。ピッチャーの横を抜けそうな打球も、通常ならばセンター前ヒットになりそうな打球ですが、セカンドが守備範囲が後ろで広いですから、飛びつかなくても難なく捕球できて、一塁でアウトにできましたね」

 ゲーム中、きれいなレフト前ヒットが生まれ、ランナーが出ました。そのときの様子について、ランナーに聞きました。

「リードに関して塁間が3メートルのびたからと言っても、リードを3メートルほどのばしますと、ピッチャーからのけん制球で戻ることができない距離になり、アウトになってしまいます。ランナーのリードは、ほぼ従来の距離までぐらいしかできないですね……でも、この後、盗塁してみますね」

 その後……、

「ピッチャー投げました、ランナースタート、盗塁を試みますが、二塁までの距離も長い~。キャッチャーは捕って二塁に投げた~アウト! 盗塁失敗!」

 キャッチャーは言います。

「いやぁ、3メートル長いぐらいなら、どうってことありません。ランナーのリードもあまり取れないから、僕らは、盗塁を阻止しやすいですね」

 なかなか進塁ができず、点数も入りません。

 圧倒的に守備有利な感じで、今回の試合検証は終了。検証試合の後に選手に聞きました。

「この長さでは、ピッチャーは3メートル後ろから投げるので長い回はもたないと思われますが、体力強化して練習と経験を積めば、いわゆる投手戦といわれるような、点数が余り入らない引き締まった、面白い野球になりますね」

 私も取材しながら観戦していましたが、3メートル長くする野球について、もし、この長さが普通のフィールドルールなら、これはこれで、十分野球になっていると感じました。

 次回は、塁間、ピッチャーからホームペースの間、3メートル短い野球の検証をしたいと思います。

(『バズろぅ!』ラジオパーソライター・わきたかし)

LINEで送る

バズろぅ! | ラジオ関西 | 2021/07/21/水 17:55-18:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事