8月の停滞前線 ~降水量と地盤の緩み~ 少しの雨でも油断禁物!地質学研究・西影裕一さんに聞く

熱海市の土石流災害の遺族ら、土石流の起点の土地で”盛り土”を行った前所有者を業務上過失致死容疑、現所有者を重過失致死容疑で刑事告訴(告訴は8月17日・賠償訴訟提訴は9月の見込み)
熱海市の土石流災害の遺族ら、土石流の起点の土地で”盛り土”を行った前所有者を業務上過失致死容疑、現所有者を重過失致死容疑で刑事告訴(告訴は8月17日・賠償訴訟提訴は9月の見込み)
1/9
熱海市の土石流災害の遺族ら、土石流の起点の土地で”盛り土”を行った前所有者を業務上過失致死容疑、現所有者を重過失致死容疑で刑事告訴(告訴は8月17日・賠償訴訟提訴は9月の見込み)
20日も四国・近畿・東海で大雨
近畿では雨が降ったり止んだりという傾向も(大阪市内)
武庫川中流から下流方向 水位が上昇(2021年8月19日午前・兵庫県尼崎市・西宮市)
停滞前線の一種、梅雨前線による「平成18(2006)年7月豪雨」姫路市京見山が幅約200m崩落<※画像提供・西影裕一さん 2006年8月3日撮影>
「平成18(2006)年7月豪雨」姫路市安富町で崖崩れ<※画像提供・西影裕一さん 2006年8月14日撮影>
停滞前線と台風7号による「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」姫路市伊勢の山腹に設置された太陽光パネルが崩落<※画像提供・西影裕一さん 2018年7月20日撮影>
熱海での救出活動<※画像提供・兵庫県警>
熱海での救出活動<※画像提供・兵庫県警>

関連記事