原作は原田マハのベストセラー小説 田中圭が日本初の“ファーストジェントルマン”演じる

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 あなたは、配偶者が突然総理大臣になったらどうしますか? 日本初の女性総理大臣になった妻と、“総理の夫”として担ぎあげられるトホホな夫を描く、映画『総理の夫』が9月23日(祝・木)、全国ロードショーです。

 主人公は結婚12年目の夫婦・日和(ひより)と凛子(りんこ)。日和は、裕福なソウマグローバルの次男で、鳥類研究所に勤務する鳥オタクです。凛子は、少数野党の党首として政治の世界で働いています。

 ある日の朝。日和が外出する直前、妻の凛子から意味深な言葉をかけられます。

「ねえ、日和くん。もしも私が総理大臣になったら、何かあなたに不都合はある?」

 日和は状況が分からないまま、野鳥を観察する出張に出かけ、携帯の電波が届かない孤島でおよそ10日間、仕事に没頭します。

 返ってきた空港で日和は、待ち構えていた記者たちに囲まれます。

1216

「奥様が日本初の女性総理になられるご感想は?」
「えっ?」

 凛子は、連立政権の総理大臣に就任していました。日和は日本初の“ファーストジェントルマン”なったのです。

6434

 突然の事態に混乱する日和を、内閣広報官の富士宮が守ります。

「取材はご遠慮ください! この方まだ一般人なので」

 富士宮はテキパキと無駄のない動きで日和を車に誘導します。

「マスコミに狙われていますので、今後私たちが把握していない行動はつつしんでください」

 携帯にGPSをつけられ、日常生活も徹底的に管理されることになりました。

 日和は、ソウマグローバルの会長でもある母親やCEOの兄からも激しくハッパをかけられてヘロヘロになります。

 帰宅すると、自宅の前に警備用のボックスが建てられていて警察官がいました。

「コラコラコラ、君!」
「僕は総理の夫です!」

 一方の凛子は、毎日働きづめで今まで以上に多忙を極めています。

 凛子に一目惚れして結婚した日和は、いまも妻を心底愛していて「微力ながら彼女の夢を全力で応援しよう」と気持ちを固めます。

2073

 凛子の美しさと政治家としてのカリスマ性は国民を熱狂させ、“凛子ジェンヌ”と呼ばれる追っかけグループが出現。さらに日和のファン“ひよラー”たちが自宅前で出待ちします。

 こうした中、総理公邸へ引っ越すことが決まり、2人はゆっくり話す時間が持てずに生活がすれ違うようになります。

 凛子は寝る間を惜しんで執務を続けますが、政界のドンによる裏切りで衆議院解散を決意。総選挙へとなだれ込みます。日和は選挙カーで応援に駆り出されますが、夫婦の絆が揺らぎ始めます……。

2166

 お人よしで坊ちゃん気質の夫・日和を演じるのは田中圭。妻で才色兼備の女性総理・凛子は中谷美紀。ドSな内閣広報官が貫地谷しほり、イケメンでカタブツな総理秘書に工藤阿須加、セクシーな同僚が松井愛莉、日和の兄は片岡愛之助、母親が余貴美子、腹黒い政界のドンは岸部一徳。

 原作は、原田マハのベストセラー小説。夫がほかの女性と密会する姿が政治ライターに撮影されて脅されたり、妻が妊娠していることが急に分かったり、次から次へと騒動が起こる、ハートウォーミングなコメディです。映画『総理の夫』は9月23日(祝・木)、全国ロードショー。(SJ)

ポスター

◇映画『総理の夫』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

出演:
田中 圭 中谷美紀
貫地谷しほり 工藤阿須加 松井愛莉
木下ほうか 長田成哉 関口まなと 米本学仁 国広富之
寺田 農 / 片岡愛之助 / 嶋田久作
余貴美子 岸部一徳

原作:原田マハ「総理の夫 First Gentleman」(実業之日本社文庫)
監督:河合勇人 脚本:松田沙也 杉原憲明 音楽:富貴晴美
主題歌:miwa「アイヲトウ」(Sony Music Labels)

配給:東映 日活
(C)2021「総理の夫」製作委員会


【公式サイト】
【公式Twitter】

LINEで送る

関連記事