清酒発祥の地・伊丹と日本最大の酒造地帯・灘五郷 「歴パ!ひょうご地域遺産バトンリレー」(9)

LINEで送る

この記事の写真を見る(11枚)

 兵庫県には、文化庁が認定した「日本遺産」が9件、国指定史跡のお城が22城あり、いずれも全国最多を誇る。また、1000を超す城跡や播磨国風土記など、個性豊かな地域遺産を数多く有している。そうした兵庫の歴史を学びながら、周辺のおすすめスポットを計15回のシリーズで紹介する。

【第9回】伊丹諸白(もろはく)と灘の生一本

「伊丹諸白」「丹醸」とは、江戸時代初期「清酒発祥の地」を自負する「伊丹の日本酒」を崇めた言葉だ。伊丹の清酒は、大坂の池田とともに「下り酒」として江戸で評判を呼び、元禄時代にピークを迎えた。やがて樽廻船の発達に従い、港の近さや宮水の発見、寒風の六甲おろし、南麓での水車精米などがそろう好条件から、大産地は内陸から海岸沿いの「灘五郷」へと移る。

(©一般財団法人神戸観光局)

 伊丹や西宮を含む西摂津一帯は、酒造りの職人集団・丹波杜氏の居住地や酒造好適米産地の北播磨にも近い上、昭和に入ると、今に続く酒米の王様「山田錦」まで生まれ、質・量とも日本一を誇った。伊丹には、現存する日本最古の酒蔵「旧岡田家住宅」や「清酒発祥の地碑」が伝統を誇る。

「清酒発祥の地」伊丹市の鴻池に、清酒の記念碑が立っている。碑文などから「酒造によって財をなした鴻池家の初代・新六幸元(しんろく・ゆきもと)は、出雲の尼子氏再興に命を懸けながらも果たせなかった山中鹿之介の子」で、「鴻池家が初めて清酒諸白を製造し、江戸まで出荷した」としている。清酒発祥については、池田や奈良も主張しているが、「濁り酒」ではない「澄み酒」を生んだとする伊丹の伝承だ。

鴻池稲荷祠碑(出典:日本遺産ポータルサイト)

 江戸では、上方の諸産物が「下り物」として好まれ、「下り酒」は特に喜ばれた。品質が劣る際に今も使われる「下らない」という言葉は、その逆だ。伊丹の酒は、麹と掛米の両方に精白米を惜しみなく使ったことから「伊丹諸白」と呼ばれて珍重された。

(©一般財団法人神戸観光局)

 やがて江戸後期に差し掛かると、伊丹から清酒造りを導入した西宮と灘の酒蔵が、“六甲山の恵み”を得て、台頭していく。

 南麓の西宮郷の伏流水「宮水」は、「天与の霊水」と言われ、淡麗な「男酒」を生んだ。新酒の仕込みが始まる10月には「宮水まつり」がある。霊水が発見された「梅の木井戸」の地に立つ「宮水発祥之地碑」の前で、時代装束をまとった酒造会社の代表が神事に参列し、西宮神社で「えべっさんの酒醸造祈願祭」を行う。西宮市の宮水保全条例からも、都市開発との調和を図りながら、蔵元・市民・自治体がともに水質保全に取り組む熱意がうかがえる。

宮水発祥之地碑(出典:日本遺産ポータルサイト)

 西宮市の今津郷と西宮郷から、神戸市東灘区の魚崎郷・御影郷を経て、灘区の西郷(にしごう)へと続く、東西12キロにおよぶ日本最大の酒造地帯「灘五郷」の酒は、「混じり気がない酒」という意味で「灘の生一本」と呼ばれ、今も約25パーセントのシェアを誇っている。

【参考文献】
・兵庫県公式観光サイトHYOGO!ナビ
・文化庁日本遺産ポータルサイト

◆おすすめスポット
神戸市灘区 「沢の鶴資料館」

 阪神大石駅から徒歩で10分ほど。江戸時代末期に建造された蔵を、酒造りの文化を広め、後世に伝えることを願って資料館として公開したのが、この沢の鶴資料館。事務局課長の牧野秀樹さんに中を案内してもらった。

沢の鶴資料館(外観)

 館内には米作業をした洗い場や深さが2メートル近い大桶など、工程ごとに昔から使われていた道具が展示され、名称や使い方などを学ぶことができる。資料館の歴史について牧野さんは次のように述べる。

「こちらは1980年に兵庫県から『重要有形民俗文化財』の指定を受けましたが、阪神・淡路大震災により建物が全壊。全社一丸となって復旧に取り組み、1999年に再建を果たしました。その際に発見されたのが、地下構造の槽場(ふなば)跡です。槽場とはもろみから酒を搾りとる作業場のことで、地下構造となっているのは全国でも珍しいとされています」

全国でも珍しい地下構造の「槽場(ふなば)」跡

 貴重な木製製品も多く展示されている。酒造りの道具には「さる」「きつね」「かえる」などと動物の名前が付いたものが多い。かつて義務教育制度のない時代には、まだ若い子どもたちが蔵で働き始めることも多かったようで、親しみが湧いて覚えやすいように動物の名前で呼んでいたといわれている。ちなみに「きつね」と呼ばれる桶は中身を他の容器に移す際に、縁に「コン」と当ててしずくを切ってから運んだからという説や、片側がとがっていて狐の顔のようだからという説がある。

もろみなどの運搬に使われた「狐桶」
作業用の足場板「蛙」

 そもそもこの地で酒造りが盛んとなったのは、六甲おろしが吹くことで乾燥し、雑菌を抑えることができたことが挙げられる。また、日本名水百選のひとつである「灘の宮水」を使っており、これは軟水の多い日本では珍しく、硬度が高いのが特長。さらに酒造りに悪影響を与える鉄分が少なく、リンやカリウムなどの有効成分を適度に含んでいるため酵母の発酵を促進してくれる。

 上方から江戸へ酒を運んだ「樽廻船」や「菱垣廻船」、北海道をはじめ日本海沿岸地域との商業活動に活躍した「北前千石船」などの和船の模型も見学でき、酒の質を左右する麹造りに使われた部屋「麹室」も見学できる。沢の鶴資料館に足を運べば、日本酒の奥深さを肌で感じられる。併設している「沢の鶴ミュージアムショップ」では、沢の鶴のレアな商品をはじめ、日本酒に関連した品々を購入することができる。

上方から江戸へ酒を運んだ「樽廻船」
麹造りに使われた部屋「麹室」
併設している「沢の鶴ミュージアムショップ」

■沢の鶴資料館
兵庫県神戸市灘区大石南町1丁目29番1号
電話 078-882-7788
営業時間 10:00~16:00
休館日 水曜、盆休み、年末年始
【公式HP】



【兵庫県公式観光サイトHYOGO!ナビ】
【文化庁日本遺産ポータルサイト】

「歴パ!ひょうご地域遺産バトンリレー」アーカイブ記事


◆『歴パ!ひょうごの地域遺産バトンリレー』 2021年10月9日放送分

 

LINEで送る

歴パ!ひょうごの地域遺産バトンリレー | ラジオ関西 | 2021/10/09/土 18:40-18:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事