スピーカーから「キーン」 ウェブ会議で起こりがち「ハウリング」の原因とは 防止策をラジオスタッフが解説

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 マイクとスピーカーがともにあるところで、よく起こってしまう、ひずんだ嫌な音。最近だとウェブ会議などで体験したという人も多いのでは。どういったことに注意すれば、そんな音を回避できるのでしょうか。普段はラジオを陰で支えている、音に敏感な技術スタッフが、ラジオ番組のなかで解説しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 音響機材を使うとき、マイクのスイッチを入れると「キーン」と、嫌な音がするときがあります。これは「ハウリング」と言って、マイクやスピーカーを使った時におこってしまう、音のトラブルの1つです。

 ハウリングは、マイクで収音した音声信号をアンプで増幅し、スピーカーから出力した際に、スピーカーから出力した音をまたマイクで収音し、音が回ってしまう現象です。高周波の「ピー」「キーン」といった音や、低周波の「ボーン」といった音で、音声信号の入出力が大きくなることにより、機材に負担がかかり、場合によっては破損や損傷をしてしまうこともあります。

ハウリングは耳を傷める原因にも。

 プロの音響スタッフがいるイベントやライブ会場では、音響スタッフが音作りの他に、スピーカーのチューニングを行い、スピーカーがハウリングをおこさないように調整しています。ハウリングはスピーカーにマイクを近づけると起こりやすくなりますが、できるだけハウリングがおこらないように、グラフィックイコライザーなどで、ハウリングが起こりやすい音の周波数をカットしています。

スピーカーがハウリングをおこさないように調整

 また、ハウリングは「フィードバック」とも言いますが、音響機材の中には「フィードバックサプレッサー」と言って、自動でハウリングしやすい周波数を検知して、ハウリングを抑える機能を持った機器もあります。

 イベント会場の他にも、仕事で「Zoom」などウェブ会議システムを使って会議をしていると、突然ハウリングがおこってしまうことがあります。ハウリングを解決するのに時間がかかってしまうと、会議の雰囲気も悪くなってしまうので、気をつけたいところです。

 同じ会議室で複数人が、それぞれの端末でウェブ会議システムにつないだ場合、複数のスピーカーやマイクが入力・出力することで音が回って、ハウリングが起こってしまうという現象もあります。ハウリングが起こった場合は、すぐにマイクかスピーカーの音をオフにして、いったん音が回るのを解消する必要があります。


もし興味がある方は、番組にハガキでおたよりをお待ちしています。
宛先 〒650-8580 ラジオ関西『おしえて!サウンドエンジニア』
ラジオ関西技術センターがお送りする番組で、あなたの質問が読まれるかも……!



【放送音声】2021年10月24日放送回

 

LINEで送る

おしえて!サウンドエンジニア ~ギジュツLOVE~ | ラジオ関西 | 2021/10/17/日 08:20-08:25

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事