季節の風物詩? 山の中に「エビフライ」が大量発生するワケ 生き物が作った天然の「食品サンプル」でした

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 私、わきたかしが“ラジオパーソライター”(ラジオパーソナリティー+ライター)を務めるラジオ番組『バズろぅ!』にはリスナーのみなさんからいろいろな情報が入ってまいります。

 今回入ってきた情報によりますと、この季節になると森や山に入るとそこら中にエビフライが落ちているそうです。

「何それ!?」

 最初この話を聞いたときは「山にハイキングに行った人が何かの拍子にお弁当をひっくり返してしまって、その中に入っていたエビフライを誰かが山道で発見しはったんちゃうのん?」と思ったんですが……。

 四の五の言わず、まずは山に入ってみることにしました。

 やっぱり山はいいですね。特にこの季節は歩いていると身体がポカポカしてきますし、空気がシャキンとしているので深呼吸すると気持ちが凛としてきます。「ヤッホー!」

 しばらく山道を歩いて行きますと……ありました、ありました! そこいら中にエビフライが(笑)。そこにも、あそこにも、どこもかしこもエビフライ(笑)。

山の中にエビフライが!?

 実はコレ、松ぼっくりなんです。

LINEで送る

バズろぅ! | ラジオ関西 | 2021/12/01/水 17:55-18:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事