姫路から再び世界へ バレー女子日本代表監督に復帰の眞鍋政義氏「責任の重大さに身の引き締まる思い」

(写真2枚)

女子バレーボール・Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路を運営する株式会社姫路ヴィクトリーナは、取締役球団オーナーを務めていた眞鍋政義氏(58)から提出された役職辞任の届出を受理したことを、8日に発表した。ヴィクトリーナ姫路は草創期からクラブの看板となっていた大黒柱が去ったなかで、新たな1年に臨むことになる。

関連記事