「会食は4人以内、短時間で」 斎藤元彦知事が要請 コロナ感染第6波で 兵庫

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 兵庫県の斎藤元彦知事は1月13日、ラジオ関西の番組に出演し、「コロナウイルスの感染は第6波に入った。県としては医療のひっ迫を防ぐため、病床やホテルの確保など体制強化を前倒しで進めるが、県民のみなさんには3回目のワクチン接種と予防対策の徹底をお願いしたい」と呼びかけた。

ラジオ番組に出演した兵庫県の斎藤元彦知事(写真:ラジオ関西)

 兵庫県の1月12日の新規感染者数は512人。斎藤知事は「前日の113人から急拡大した。第6波に入ったとの認識でいる」と述べた。「ただ、病床使用率は17%で、うち重症対応は1%未満。ただちにまん延防止措置を要請する段階ではない」との認識を示した。

 オミクロン株については、「県のサンプルでは、感染者は20代、30代が多く、ほとんどが軽症か無症状。これが高齢者に広がった時にどうなるかを見ていく必要がある。専門家からは2回のワクチン接種では、予防効果が落ちるとの指摘があり、3回目の接種が重要になる」との認識を示した。

 一方で、「経済、社会活動との両立を図っていかなければならない」とし、「感染は20代、30代が多く、友人との会食で感染し、家庭に持ち込むケースが多い。このため会食は同一テーブルに4人以下の少人数で、時間も2時間以内とし、手洗い、うがい、マスクの着用などの対策の徹底を改めてお願いしたい」と述べた。

LINEで送る

「こちら知事室」(『三上公也の朝は恋人』内) | ラジオ関西 | 2022/01/13/木 08:00-09:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事