日本初カレー粉製造・ハチ食品 鬱金(ウコン)粉・内国勧業博受賞120年「始まりの黄金鬱金カレー」3月1日発売

LINEで送る

この記事の写真を見る(18枚)

 日本最古のカレーメーカー・ハチ食品株式会社(本社・大阪市西淀川区)は、「蜂カレー」「百年目のカレー」に並ぶ新たな商品を開発。自社の歴史にスポットを当てた高級志向のレトルトカレー「始まりの黄金鬱金(ウコン)カレー」を2022年3月1日(火)に発売する。

ハチ食品「始まりの黄金鬱金カレー」(内容量 200g/希望小売価格 税込432円)
ハチ食品「始まりの黄金鬱金カレー」(内容量 200g/希望小売価格 税込432円)

 先行してハチ食品オンラインショップで2月15日に発売したが、2022年春夏向け新商品の中でも大変好評だという。

 薬種問屋「大和屋」として、江戸時代末期の1845年(弘化2年)に、初代今村弥兵衛が大阪・瓦町(現在の大阪市中央区瓦町)で創業したハチ食品。

1928(昭和3)年当時の今村彌商店(現・ハチ食品)大阪市東区瓦戦前の展示販売<※画像提供・ハチ食品>町
1928(昭和3)年当時の今村彌商店(現・ハチ食品)大阪市東区瓦町<※画像提供・ハチ食品>
「蜂カレー」ダイナミックな蜂型の看板店舗 (1938・昭和13年)<※画像提供・ハチ食品>
「蜂カレー」ダイナミックな蜂型の看板店舗 (1938・昭和13年)<※画像提供・ハチ食品>
今村彌商店「粉末鬱金袋」1917(大正6)年<※画像提供・ハチ食品>
今村彌商店「粉末鬱金袋」1917(大正6)年<※画像提供・ハチ食品>

 


 二代目今村弥兵衛時代には屋号を「今村弥」と改め、当時、漢方薬の原料となる 鬱金 (ウコン・ターメリック)の栽培にも力を入れ、1903年(明治36年)にウコン粉が第五回内国勧業博覧会で有功褒賞を受賞した。今年(2022年)はそれから120年目にあたる。
 
 1900年代初頭、二代目弥兵衛が漢方薬の貯蔵庫に入ったところ、ウコンや唐辛子などが入った柳行李(やなぎごうり)から、当時輸入されていたカレーのような香りがしたことから、これらの材料を使って薬の調合技術を応用し、オリジナルのレシピでカレー粉を調合したのが始まりとされる。
 
 当時、日本国内のカレー粉はイギリスからの輸入品しかなく「魔法の粉」と思われていたという。

「蜂カレー」昭和20年代の宣伝カー<※画像提供・ハチ食品>
「蜂カレー」昭和20年代の宣伝カー<※画像提供・ハチ食品>
戦前の展示販売<※画像提供・ハチ食品>
戦前の展示販売<※画像提供・ハチ食品>

 その後、ウコン粉を主原料としたカレー粉開発に励み、1905年(明治38年)、日本で初めて国産カレー粉「蜂カレー」を世に送り出す。創業から60年のことだった。ハチ食品にとってウコンはまさに「祖業(そぎょう)」といえる原点であり、歴史の始まりを象徴する存在となった。

「蜂カレー」時計台ネオンも<※画像提供・ハチ食品>
「蜂カレー」時計台ネオンも<※画像提供・ハチ食品>
昭和中期の「蜂カレー」赤缶<※画像提供・ハチ食品>
昭和中期の「蜂カレー」赤缶<※画像提供・ハチ食品>

「蜂カレー」の名は、弥兵衛が薄暗い蔵の中でカレー粉の試作に取り組んでいる時、ふと顔を上げると、窓に止まった一匹の蜂に朝日が注ぎ、黄金とも飴色とも言えるような輝きを放ち、えも言われぬなんとも素晴らしい光景に見えたのが由来。


・ハチ食品 オンラインショップ

LINEで送る

関連記事