「冷蔵は絶対にやめて!」「金属類と分けて」乾電池の正しい保管方法をメーカーが解説

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 いざという時にラジオや懐中電灯の電池が切れていた…という状況は避けたいもの。停電時に困らないよう、乾電池の備蓄も大切です。しかし、誤った方法で保管すると、液もれや発熱、破裂などの恐れもあります。

劣化を防ぎたい! 乾電池の正しい保管方法とは?(写真はイメージです)(C)123RF.COM

 乾電池の正しい保存方法とは? そして長持ちさせるコツとは? 乾電池の生産販売も手がける電機メーカー大手のパナソニック株式会社、広報担当の鈴木真理さんに聞きました。

――乾電池の正しい保存方法は?

1)高温多湿、直射日光は避ける
 保管温度は、10~25度が適切です。35度を超えると、電池の寿命が短くなったり、液もれを起こしたりすることもあります。電池の中には化学物質が入っているので、直射日光も避けましょう。

2)金属類と一緒に保管しない
 ネックレスや鍵などの金属と一緒に保管すると、ショートして発熱や液もれに繋がります。長期保管する際には、金属類とは分けてください。

3)未使用の電池と使いかけの電池を一緒に保管しない
 未使用の電池と使いかけの電池を同時に使うと、液もれに繋がる恐れがあります。使いかけの電池は、ひとつずつ袋に入れるなど見分けがつくようにしてください。

パナソニックの「エボルタNEO」(提供:パナソニック)

――「乾電池を冷蔵庫で保管すると長持ちする」と聞いたことがあります。

 冷蔵庫での保管はNGです! 電池を取り出したときに結露が発生し、サビの原因になるため、「冷蔵庫での保管」は絶対にしないでください。ほかにも、落下などの「強い衝撃を与える」のも避けてください。変形し、液もれや発熱に繋がる恐れがあります。

LINEで送る

関連記事