神戸【摩耶観光ホテル】 『迷惑物件』が『廃墟の女王』と呼ばれるまで 未来につなぐ“遺産”への道のり

LINEで送る

この記事の写真を見る(13枚)

 愛好家にとっては非日常やスリルを味わえるワクワクする場所、「廃墟」。一方で、管理者にとってはトラブルにつながる悩みの種でもある。

 そんな廃墟が、観光資源として有効活用されている。兵庫県神戸市の摩耶山の中腹にある「摩耶観光ホテル」、通称「マヤカン」だ。(以下、マヤカン)

写真提供:NPO法人J-heritage

 戦前の1930年に建てられ、その後観光ホテルとして、最後は学生センターとして営業してきたが廃業となり、1990年に閉鎖された。現在は、許可無くしての立ち入りは禁止となっている。

かつての摩耶観光ホテル(写真提供:摩耶山再生の会)

 そんな場所が、なぜ、どのようにして「観光スポット」となるに至ったのか。現状や将来の展望は? 

 産業遺産コーディネーターで、「NPO法人 J-heritage(ジェイヘリテージ)」代表の前畑洋平さんと、マヤカン近隣を訪ねるガイドウォークを主催する「摩耶山再生の会」事務局長の慈(うつみ)憲一さんに、それぞれ話を聞いた。

■“迷惑物件”との出会い
 きっかけは、2014年、前畑さんが関わったテレビ番組だった。廃墟をテーマにした番組のためにリストアップしたマヤカンが放送で取り上げられ、所有者と話すことができたが……

「『壊すつもりでいる』と言ってはったんです」(前畑さん)

 そこには、廃墟特有の問題があった。

LINEで送る

関連記事