神戸で全国初、オミクロン株「BA.2.75」系統確認 新型コロナ

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 神戸市は12日、国内で初めて、オミクロン株の新たな系統「BA.2.75」の感染が確認されたと発表した(検疫を除く)。6月24日に新型コロナウイルスの陽性が分かった、40代女性の検体を市の健康科学研究所でゲノム解析したところ、8日に検出されたという。

 女性は14日以内の渡航歴はなかったといい、感染経路はわかっていない。症状は軽く、現在は自宅療養を終えているという。

 市は、「変異株であっても、個人の基本的な感染予防策は、従来株と同様」などと、基本的な感染対策の徹底を呼びかけている。

LINEで送る

関連記事