「ジェンダーギャップ指数」先進国最下位 男女差別問題解決に取り組む弁護士「小学生の頃から疑問あった」

(写真2枚)

男女の違いにより発生する社会的・文化的な格差「ジェンダーギャップ」。先日、世界経済フォーラムが発表した『ジェンダー指数』で、日本は146カ国中、116位という先進国で最下位の悲惨な順位でした。この課題に法律の目線から取り組む西宮Women’s法律事務所の中村衣里弁護士と和田谷幸子弁護士に話を聞きました。

関連記事