CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 第630回 令和元年11月20日(水)

    第630回 放送番組審議会議事録

    1.開催年月日

    令和元年11月20日(水) 14時00分

    2.開催場所

    本社 役員会議室

    3.委員の出席

    委員の総数:5名
    出席委員数:4名
    出席委員の氏名:松岡健|渡辺真二|内藤良介|伊藤亜都子
    会社側出席者:代表取締役社長 桃田武司|編成営業局専任局長 池添哲也

    4.議題

    (1)社業報告
    ・ラジオ関西まつりの実施報告
    ・ラジオ関西トピックスサイト「ラジトピ」について

    (2)事務局からの報告
    ・10月のイベントや公開録音など

    (3)試聴
    試聴番組:『ラジオ関西まつり パーソナリティ大集合』
    放送時間:令和元年10月27日(日) 11:00~11:55
    放送内容:年に一度のラジオ関西まつり。その会場から公開生放送でお送りした番組。各ワイド番組のパーソナリティが勢ぞろいして、普段では味わえない組み合わせや掛け合いを楽しんでもらった。

    5.審議内容(各委員発言の大意)

    委員:当日は参加できていませんでしたが、聴いていて楽しい内容でした。大喜利コーナーで津田アナの先生の設定が面白かった。
    またもう一人の司会の春名アナは、県政記者も兼任しているので、よく見かけますが、その時の雰囲気とは全く違うので、プロだなと感心した。カレーフェスタの説明の際も、見えない部分を上手く説明していた。
    これだけのパーソナリティがいる中で、若手お笑いコンビのアンドロイドが大変だったのではないかと想像していたが、先日五国博覧会では上手く喋っていたので安心した。 

    委員:出演者はベテランの方ばかりで、現場も盛り上がっていたが、聴いているだけでも十分面白かった。私はカレーが好きなので、カレーの説明を聴いていて特徴がよくわかった。聴いているだけで、カレーの匂いがしてきそうな感じでした。
    カレーフェスタの話はよくわかったが、それ以外にどんなブースが出ているのか。他の時間帯に言っているのかもしれないが、もう少し説明がほしかった。

    委員:現場の臨場感が出ていて、構成やリズム、雰囲気もよく楽しく聴けた。司会の若手アナ2名は新入社員の時から知っているが、とても堂々としていた。最近の若い人はいい意味で、こんな感じなのかもしれない。
    ラジオ関西まつり会場からの生放送ということではあるが、雑音が多かったり、人によってマイクとの距離がバラバラだったりしていた。またパーソナリティの出番にバラつきがあって、バランスが取れていない感じがした。

    委員:10番組の出演者がいて、改めて良い番組がラインナップされていると感じた。司会の2人に関しては、初々しさもあり尚且つしっかり進行していた。新聞社でも2年目でこういうメインを張って仕事が出来る人はなかなかいないので感心した。特にバラエティの司会は上手く切り抜けるのが難しい部分があるので余計に感じた。赤穂の特産物を紹介していたコーナーもあり地元の局としていい面がたくさん出ていたかと思う。

    事務局:本日は貴重なご意見をありがとうございました。

    6.審議会の答申、または改善意見に対してとった措置およびその年月日

    特になし

    7.審議会の答申、または意見の概要を公表した場合におけるその内容放送年月日

    「意見の概要の公表」
    自社放送:令和元年11月27日(水) 17時55分
    自社ホームページ:令和元年12月以降
    神戸新聞:令和元年12月3日(火) 朝刊
    本議事録の備置き:令和元年12月中旬以降に、ラジオ関西の本社および東京支社・大阪支社・姫路支社に備え置く

    8.その他の参考事項

    特になし

    9.次回放送番組審議会

    令和2年1月22日(水) 14時00分からを予定

    以上