関西ジャニーズJr.・澤田雅也が語った『滝沢歌舞伎ZERO』京都南座公演の裏側

 毎週日曜日に放送中、なにわ男子の西畑大吾がパーソナリティーを務める、ラジオ番組『関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース』(ラジオ関西)。11月17日の放送は、前週に引き続き、関西ジャニーズJr.の澤田雅也がゲストに登場した。

 番組冒頭、西畑のひとりしゃべりによるオープニングコーナー「西畑のゆるい男子」では、リスナーから届いた“コンサートの際、どんなうちわだと目に留まりやすいか?”という質問に答えた。西畑は「うちわが広がっている景色であったり、ペンライトとうちわを両手に持ってる姿を見るのが僕はすごく好き」だと語り、「ほんまにうれしいなって思ってます。ありがとうございます、いつも」と改めてファンへの感謝を言葉にした。

 おたよりコーナーからは、ゲストの澤田雅也を迎えてトークを展開。今年の2月に京都南座で上演された舞台『滝沢歌舞伎ZERO』に出演していた澤田。「(役どころのなかで言う)ボケを毎日違うのを考えていたんですが、僕ひとりで考えるのはやっぱり無理で、関西ジャニーズJr.のみんなで考えてましたね」と当時を振り返りながら、Aぇ!groupの福本大晴や関西ジャニーズJr.の今江大地をはじめとした関西ジャニーズJr.全員が一丸となって舞台に臨んだ様子について語った。

“コンサートの際、何色のペンライトを振ればいいですか?”というリスナーからの質問には、「(ほかの人とかぶっていないから)白が狙い目やな」という西畑の助言もあり、白色のペンライトを振ってほしいという回答に。来年2020年に英語教諭としての教育実習を控えているという、現役大学生の澤田。現在は日常会話レベルだと話す英語については、「(今後しゃべれるようになって)武器にできたら」と抱負を語った。「(雅也が)しゃべれるようになったら海外旅行に行こう!」という西畑の一言から、いずれは同期入所のメンバーで海外旅行にいきたいという夢に発展し、トークは大いに盛り上がった。

 11月2日放送の地上波番組に出演した澤田と西畑。KAT-TUN・上田竜也による初回オーディションに参加していた2人は「こわかった」と参加時の感想について声を揃えたが、西畑の「上田くんの愛があってこその(こわさ)」という言葉には澤田も大きくうなずいた。

 前回と今回の『とれ関』が初のラジオ出演となった澤田だが、この日の感想について「緊張したんですけど、2週目ということもあって楽しかったです」とコメント。澤田の言葉に、西畑は「楽しんでくれたならよかったよ。ありがとうね、来てくれて」と優しく声をかけた。

 なにわ男子は11月14日(木)から12月27日(金)の期間で開催される、グループ初の全国ツアー『なにわ男子 First Live Tour 2019〜なにわと一緒に#アオハルしよ?〜』に出演中。さらに「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のシーズンイベント『ユニバーサル・クリスタル・クリスマス』のサポーターを務めることが決定した。

関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース | ラジオ関西 | 2019/11/17/日 23:30-24:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事