作詞家・松本隆さん『瑠璃色の地球』に「今こそ」思い込めて 歌唱動画を募集、SNSで反響

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 神戸在住の作詞家、松本隆さんが有志と立ち上げた「『瑠璃色の地球』chorus~みんなで瑠璃色の地球を歌おう」が、SNS上で話題を呼んでいる。「瑠璃色の地球」を歌った動画を投稿してもらって、それを集めて動画共有サイトのユーチューブにアップするという取り組みだ。そこに込められた思いを、松本さんご本人にうかがった。

作詞家の松本隆さん(「『瑠璃色の地球』chorus」のユーチューブより引用)
作詞家の松本隆さん(「『瑠璃色の地球』chorus」のユーチューブより引用)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

■きっかけは東日本大震災時のツイッター

――いつごろから構想をお持ちだったのでしょうか。

 2011年に東日本大震災が起きたとき、ツイッターで、避難所におられたファンの人から「みんな暗くなっているので、何か1曲プレゼントしてください」とメッセージをいただきました。そのときに「瑠璃色の地球」をプレゼントしたら、喜んでくれた。今回はそれをもう一歩進めて、みんなで何か歌えないかと思いました。

「瑠璃色の地球」は、今では合唱曲のスタンダードになっています。ママさんコーラスや、中高生も歌ってくれて、コンクールの課題曲にもなった。僕が全然意図していなかった生き残り方をしている曲でもあります(笑)。

 聴いて、歌ってくれる人がいくらかでも心があたたかくなれば、やる意味があるかなと。それを神戸の友だちの石田くん(「イナズマクラブ」の石田秀一さん)や、「木馬」(トアロードにある老舗ジャズ喫茶)の仲間に相談したら、「面白いからやりましょう」ということになって、みんなが盛り上がっているというのが現状です。

――神戸の仲間に「やってみよう」と声をかけて、ことが進んでいると。

 そう。昨年同じような動きで、ライブ「風街神戸」をやりました。VARITというライブハウスに、神戸のミュージシャンたちが集まって、それも予想以上に盛り上がった。スポンサーがいるわけでもなく、善意に支えられた自発的な活動です。インターネットがあると、SNSを通じてそれができますね。


『瑠璃色の地球』chorus~みんなで瑠璃色の地球を歌おう
Twitter
https://twitter.com/chorus32565932?s=20

Facebook
https://www.facebook.com/瑠璃色の地球chorus-108951364141335/

LINEで送る

関連記事