「光秀ゆかりの地、丹波篠山市の魅力」酒井市長に聞く 『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』

LINEで送る

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。5⽉28⽇放送回のテーマは、「光秀ゆかりの地、丹波篠山市の魅力」。前回に引き続き、大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台の1つ、丹波篠山市の酒井隆明市長にインタビューした模様をお届けします。番組パーソナリティーは「兵庫・神⼾のヒストリアン」として活躍する⽥辺眞⼈・園⽥学園⼥⼦⼤学名誉教授と、久保直子さんです。(収録日は2020年4月27日 構成:久保直子さん)

写真中央が丹波篠山市の酒井隆明市長。右に、「兵庫・神⼾のヒストリアン」として活躍する⽥辺眞⼈・園⽥学園⼥⼦⼤学名誉教授。左は、田辺さんとともに番組パーソナリティーを務める久保直子さん
写真中央が丹波篠山市の酒井隆明市長。右に、「兵庫・神⼾のヒストリアン」として活躍する⽥辺眞⼈・園⽥学園⼥⼦⼤学名誉教授。左は、田辺さんとともに番組パーソナリティーを務める久保直子さん

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【久保】丹波篠山市では、いろんな(ストーリー分けした)街道があるんですね。

【酒井市長】『丹波篠山ロマン街道』という街道マップを作っています。桜を見るなら、どの街道が良いかをまとめた「さくら街道」をはじめ、「紅葉街道」「源義経の道」「祭礼の道」「町並み風景」「生きもの」等テーマ別に紹介しています。そのうちのひとつに光秀が戦った山城をまとめた「戦国乱世の道」もあり、総称して『丹波篠山ロマン街道』としてPRしています。

【田辺】篠山盆地というのは京都の都から西に行くときの交通の要衝なんです。日本海側に出る山陰道と瀬戸内海側に出る山陽道とが、丹波国を通るんです。現在の国道372号線ですね。丹波国の多紀郡、その郡役所があったところが郡家という地名で丹波篠山の町のなかに残っています。ひとつの大きな地域社会になっていて、しかも盆地なので農業生産も豊かなところです。

1500年くらい前のものだといわれ、兵庫県で2番目に大きな(雲部)車塚古墳という前方後円墳もありますね。丹波篠山に来られたらそういった場所も見学されたら良いですね。

古代と中世の変わり目に京都から一の谷へ攻撃に行く源義経が篠山盆地の南側を東から西へ通りました。そして義経が最初に平家と戦うのも篠山市と加東市の境目の三草でした。

戦国時代になると国衆といわれる地方の土豪が出てきます。そういった土豪として波多野という一族が出てくるわけです。応仁の乱で山名氏と細川氏が戦います。細川氏が山名氏よりも優勢になったものの、細川氏は内部分裂します。この細川の分裂の時に(丹波国の)波多野氏が頭角を現します。周辺の土豪たちを抑えて戦国大名化して八上城に陣取り、そこへ信長の勢力が攻めてくるわけです。

【酒井市長】市内には波多野さんという姓の家があります。八上城が攻撃されたときに落ち延びた方が黒田という所に行き、後に味間奥(お茶の産地として有名なところ)へ行ったので、黒田や味間奥には波多野さんという家が何軒かあるようです。

【田辺】いよいよ戦国の時代が終わって近世、江戸時代になると1607年に家康がここに城を作れと言い出すんです。実際に家康の息子を城主にして篠山城が築かれると八上から城下の町の人達も移住してきます。天守閣は作られなかったのですが、天守丸というところの三隅に二階建ての櫓がありました。小高い笹山という丘の上に作られた城です。

15ほどの大名を動員して作られ、総指揮をするのが姫路城を完成させた池田輝政で、さらに街並みやお城の土木責任者が藤堂高虎とくれば……。戦国時代の終わり頃の城づくりの名人に任せて築かれた城が篠山城であるということです。

【酒井市長】丹波篠山市はその当時の面影、風情が残されていることも町の魅力となり大変良い評価をいただいています。

【田辺】武家屋敷の街並みも残されていますし、風情を味わえますね。

【酒井市長】現在、お城の前の通りと河原町の通りの電線の地中化工事が進んでいます。来年(2021年)の春には完成予定で既にお城の前の通りは電線はなくなっています。

これまでも街並みは高く評価されてきましたので、市としてもさらに良くしようとしています。

お城だけを見てすぐに帰っしまわれるのではなく、河原町までゆっくりと歩いて行って(風情ある街並みを)楽しんで周遊して頂けたらと期待しているところです。

平成27年に全国で百か所の特色・魅力ある場所を選ぼうと、日本遺産の制度ができました。その第1号として歴史的な街、当時のたたずまいが今も残されているということから「丹波篠山デカンショ節-民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶-」(平成27年度日本遺産認定)が選ばれました。

もうひとつは「きっと恋する六古窯-日本生まれ日本育ちのやきもの産地-」(平成29年度日本遺産認定)の中のひとつに丹波焼が名を連ねています。

【田辺】お城自身も魅力がありますね。お城から出る門の外側に全国でも珍しい「馬出し」があります。南側は完全な状態で残り東側もほぼ原形をとどめています。(そういった点もPRして)城ガールのような人にも来てほしいですね(笑)。

【酒井市長】城下町ですから、当時のお祭りやお能もありますし、門外不出で丹波篠山市だけに伝わる「お苗菊(おなえぎく)」の菊作りも受け継がれています。

【田辺】特にお能は中世からのお能で丹波猿楽と言い、ここは能楽のルーツのひとつの拠点なんです。今でも春日神社でやっておられますね。

【酒井市長】「春日能」と言い、4月の10日くらいの、ちょうど桜の花びらが散るなかでお能を見るんです。

【久保】きっと素敵でしょうね! デカンショ祭りは毎年夏ですか?

【酒井市長】8月15日・16日に行われ、県下最大の盆祭りと言っていただいています。

インタビュー収録のようす
インタビュー収録のようす

【久保】丹波立杭焼きは毎年10月くらいに大きなお祭りがありますね。

【酒井市長】10月の2週目・3週目くらいです。丹波焼は個人個人の約60の窯元さんがあります。一つひとつの窯元さんが家族で営みながら、今もずっと受け継いでいます。茶色っぽいのが特徴なんですが若い作家さんも増え、新しい作風で赤っぽいものや緑のもあります。女性作家も増えました。

【田辺】兵庫陶芸美術館(今田町)もありますね。たしか秋には大きなフードフェスティバルもありましたよね。

【酒井市長】丹波篠山味まつりですね。丹波篠山市内で行われます。ちょうど黒豆の枝豆の時期です。

【久保】あ~たまりません! 大好きです!

【田辺】栗と黒豆とね!

【酒井】毎年、多くの方でにぎわいます。

【久保】今年も開催されると良いですね。

【酒井市長】そうですね!

【久保】イベントに関しましてはホームページ等で確かめてからいらっしゃっていただきたいですね。

【田辺】最後にリスナーの皆さんにメッセージをひとことお願いできますか?

【酒井市長】丹波篠山はおいしいものがたくさんあり、自然が豊かで歴史があるという良いイメージがあると思いますので、これからもさらに良いもの、おいしいものを作らなければなりませんし、良い街づくりをしなければなりません。そして何よりもここに住んでいる者みんなが誇りをもって、ともに盛り上げて行きたいと思いますので、ぜひいろんな形で(リスナーの)皆さんも応援していただければと思います。

【田辺、久保】ありがとうございました。

番組
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/04/tanabekubo.jpg
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん

『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2020年5⽉28⽇放送回音声

ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波 | ラジオ関西 | 2020/05/28/木 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事