丹波篠山市、城下町を歩く(1)『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』

LINEで送る

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。6月5日放送回からは4回にわたって、大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台の1つ、丹波篠山市の城下町シリーズをお届けします。

◆八上城から篠山城へ

 戦国時代の終わりには高城山といわれていた八上城は、現在の篠山の町のやや東南側にありました。平和な時代が来たので、不便な八上城から経済あるいは交通の中心である篠山盆地の中にお城を移しました。西国の外様大名に睨みを利かせるということもあり小高い丘の上にお城を建設します(1607~1608年)。

 お城ができると八上城のふもとにあった町も、商人達が移住させられ篠山の町ができあがっていきます。篠山の町自体はその後40年ほどかけ1650年頃に城下町が形成されます。

「お城の北側の歴史的な街並みが残っているところを歩いてみました。まずは上二階町からスタートです」

◆二階町

 江戸時代にかなりお金をたくさん儲けた商人で、二階建ての建物をたてても良いという特権が認められた商人が住んでいたところを、二階町といいます(姫路にもありますね)。

◆町家の特色

 町の中の建物は、間口を広げるとたくさんのお店が並びません。そのため間口は狭く奥行きが深いウナギの寝床のようになっているんです(京都と同じです)。このあたりの建物は全部、妻入の建物が並んでいます。

◆妻入、平入とは?

 本をパッと開いて屋根の格好にしたら本のページの部分の平らな部分と、90度反対側の三角の部分ができます。三角の部分を「妻」と言い、妻がストーンと落とされているものは、切妻造(きりつまづくり)といいます。それに対して、瓦が葺いてある平らな面は「平」という字を書いて「ひら」といい、平らな瓦が葺いてある面を正面にした建物を平入(ひらいり)といいます。姫路城も駅から見ると天守閣は平入だということがわかります。農家は平入。お寺の本堂なども平入。ちょうど正面に見えている春日神社の門は平入でしょう? こうして注意深く見て歩くことが大切です。

案内板

◆呉服町

 ちょうど春日神社を出たところにある神姫バスのバス停は「二階町」。次のバス停は「呉服町」と表記されています。呉服屋さんがずっと並んでいるという町だったんですね。魚屋さんが並んでいれば「魚屋町」という町名が付きます。

◆個性ある古い街並み

 お城の南を東から西へ篠山川が流れ、篠山川の北側の河原からちょっと入ったところに、河原町といわれる商人たちの町があります。1620年頃からできあがっていきました。今では、武家屋敷としてはお城の西の御徒町の武家屋敷群、町人達の町家としてはこの河原町にかなりたくさんの古い商家(河原町の妻入商家群)が残っています。兵庫県でも有数の古い町並みが残っている場所ですね。

◆春日神社

春日神社

 二階町の一角に春日神社があります。春日神社は篠山の町で最も大きなお宮さんです。丹波市側に行くと春日インターチェンジがありますが、丹波は奈良の春日大社と関係が深く、平安時代の始め頃に奈良の春日大社の御神霊が分けられ、篠山の今のお城がある丘へ祭られました。慶長14年に篠山城が作られたときに現在の場所に移されています。

 奈良の春日大社では観阿弥世阿弥の関係で(猿楽などの芸能が奉納される)「春日若宮おんまつり」が現在も行われています。そのお能が篠山にも伝わってくるんです。神社の境内にある能舞台は国の重要文化財です。

 春日神社自体は篠山城が作られたときにこの場所に移ってきたのですが、能舞台は文久元(1861)年に当時のお殿様である青山忠良公が建て、ここに奉納しました。

 1861年といえばペリーが来て日米和親条約が結ばれ、後に修好通商条約が結ばれていよいよ幕末へというとき。桜田門外の変で井伊直弼が殺された翌年にあたります。そんな時代に作られた立派な能舞台がここにあるんです(2003年に国の重要文化財に指定)。

春日神社

◆では、実際に春日神社の能舞台のある場所へ行ってみましょう

春日神社能舞台

【久保】春日神社能舞台と書かれていますね。

【田辺】国指定重要文化財。篠山のお殿様青山忠良公が文久元(1861)年にこの舞台を建てて神社に奉納したとありますね。ちょうど神戸に神戸海軍操練所ができる5年ほど前のことすね。お能のときに、こう(ドンドン)足踏みをする音を立てます。その音が良く響くように床下に大きな甕(かめ)が置いてあるんです。そうすると、こうして踏んだときに音が響くんです。

【久保】床の下にですか?

【田辺】こう(ドンドン)踏んだ時に、ビ----ンという音がするようになるんですね。

◆床下をのぞいてみると……

【久保】いやぁ~! あります! 甕が!!

【田辺】大きな甕があるでしょう?

【久保】う~ん! ほんま、あります! 横向いてる!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

【久保】本当に大きな甕がいっぱい入っていました。

【田辺】お能の舞台の床の下、地下みたいなところに7個、大きな甕がうずめてあるんです。(舞台の)上で足踏みすると甕に反響して良い音が鳴るわけですね。

【久保】ますます、能舞台をここで見てみたいと皆さんも思っていただけたのではないでしょうか。次回も街並みを訪ねますよ! どうぞ楽しみになさってください。

番組
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/04/tanabekubo.jpg
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん

『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2020年6⽉4⽇放送回音声

ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波 | ラジオ関西 | 2020/06/04/木 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事