300年前から現代までのファッションの輝きを一同に ヴァレリー・スティールが選ぶ『宝』を集めた特別展

LINEで送る

「ファッション界で最も聡明な女性」と称されたヴァレリー・スティールが選ぶ『宝』を集めた特別展「Treasures of Fashion -ヴァレリー・スティールの審美眼-」が、神戸市東灘区の神戸ファッション美術館で開催されている。

 ヴァレリー・スティールは、ファッションを扱う教育機関として世界的に有名なアメリカ・ニューヨーク州立ファッション工科大学に併設されたミュージアムのディレクター兼チーフキュレーター。今回、ゲストキュレーターとして神戸ファッション美術館が所蔵する作品から150点をセレクト、18世紀のロココから現代までのファッションの魅力を詰め込んだ。

 会場に入るとロココの時代のカップルが出迎えてくれる。女性がまとっているのは「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」。ワンピースのようだが、下にはパニエ(下着の一種。スカートを美しい形に見せる)とコルセット。そのうえにローブを羽織っている。フリンジなどテキスタイル自体で装飾を施している。この時代の代表的なスタイル。一方、男性は「アビ・ア・ラ・フランセーズ」というスタイル。コート・ジレ・キュロットの3点セット。シンプルに見えるが、生地に刺繍が施され豪華さを演出している。

女性が「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」1760年ごろ、男性「アビ・ア・ラ・フランセーズ」1760~70年ごろ
女性が「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」1760年ごろ、男性「アビ・ア・ラ・フランセーズ」1760~70年ごろ

 この「ロココ」のコーナーには、今から300年前の生活がある。正装から少しカジュアルなものまでが集められ、マネキンの髪型もそれに合わせている。女性のスカートが長いため見えないが、布製の靴も履いている。またこの当時のファッションは、現代の日本のロリータファッションにも大きな影響を与えていることがわかる。

「ロココの時代」
「ロココの時代」

 時代を経て20世紀、1900年代に。最も有名な女性のひとり、シャネルに焦点を当てる。

 シャネルは孤高のデザイナーとして捉えられることが多いが、同じ時代に活躍したヴィオネやスキャパレリと関連づけて紹介する。この頃まで、黒色は喪服を連想させることから女性のファッションに取り入れられることはなかったが、シャネルはエレガンスでシンプルな「リトルブラックドレス」を発表、腰を締め付けず女性が着やすく機能的なデザインを取り入れた。

シャネルデザインのドレス 1920年代
シャネルデザインのドレス 1920年代

 戦後になると、ディオールやバレンシアガなど男性デザイナーによる、生地をたっぷり使ったゴージャスなオートクチュール(高級注文服)が黄金期を迎える。男性デザイナー優位の中で、シャネルは、シャネルスーツを生み出す。「夜、出かけるために着替えなくてもアレンジOK」のスタイルは新定番となった。

デイ・スーツ シャネル 1965年ごろ
デイ・スーツ シャネル 1965年ごろ

 20世紀のはじめには、万国博覧会で日本の工芸品が紹介され、この中にあった着物が西洋のファッションに取り入れられるようになった。着物をジャケットのようにまとい、腰を締め付けるファッションから開放したともいわれる。

 会場には、写真も展示されている。どの様な場面でどのような服が着られているのか、ドレスそのものからでは見えない「動き」が捉えられている。

 中村圭美学芸員は、「ドレスは360度から見ることができる。後ろ姿もじっくり見てほしい。また150の宝を通してその時代の日々の営みや、300年前、80年前、そして現代のファッションのつながりを感じ取ってほしい」と話す。

「Treasure of Fashion –ヴァレリー・スティールの審美眼 -」は、8月30日まで。神戸ファッション美術館で開催されている。休館日は月曜日と8月11日(8月10日は開館)。入館料は一般1,000円、大学生・65歳以上は500円、高校生以下無料。

神戸ファッション美術館
神戸ファッション美術館

神戸ファッション美術館
https://www.fashionmuseum.or.jp/

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/06/23/火 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事