直正は郷土の誇り 光秀への思いは… 丹波市・谷口市長に聞く

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。6月18日放送回では、大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台の1つ、丹波市を訪問し、谷口進一市長に、丹波市との明智光秀の縁、大河ドラマへの思いなど、様々な話をうかがいました。

丹波市の谷口進一市長
丹波市の谷口進一市長

【田辺】 せっかく長いご苦労の末に大河ドラマ『麒麟がくる』が始まったのですが……、(コロナ禍によるドラマ放送中断について)どういうお気持ちですか?

【谷口市長】 一言で言いますと、複雑な気持ちでございます。大河ドラマ誘致推進協議会というのができたのが9年前の2011(平成23)年でした。(明智)光秀、(細川)ガラシャ、(細川)幽斎、(細川)忠興ゆかりの地を何とかドラマにできないかということで、京都の方が中心になり、兵庫県から丹波市と丹波篠山市、また、福井県を含めて、11市町(京丹後市、宮津市、若狭町、舞鶴市、福知山市、綾部市、丹波市、丹波篠山市、亀岡市、長岡京市、大山崎町)が一緒になって、苦節7年、やっと2年前の2018(平成30)年4月に実現の運びとなりました。

【田辺】 ちょうど大河ドラマに決定した少し前に、新しい文献が出てきました。明智光秀と四国の長宗我部との関係で、はじめは光秀が中に立って長宗我部が信長に従い四国全土を長宗我部元親に与えると言っていたのに、信長が途中で方針を変え、伊予か阿波かを返せと言い出し、中に立った明智光秀が困っているという内容の文献が見つかりました。ちょっと話題になりましたね。そういったことも関係したのかもしれませんね。

【谷口市長】 私は非常に大喜びしたんです。私は『ラッキー市長』だと。ところが今年の2月頃から例のコロナ禍になってしまい……。直近では、(ドラマで)斎藤道三が息子さんに殺されるというショッキングなシーンがありましたね。あの美濃のシーンが終わって、次はいよいよ丹波の方に来るのかなとに思っていたのですが、そこで一時中断ということになり大変残念だなと思っています。

【田辺】 本当にあ然とするようなことになりましたね。

【久保】 でも逆に、丹波市でロケとかしてもらえたらいいのになと、ちょっと期待してしまうんですが……。

【谷口市長】 実は1989(平成元)年の平成最初の大河ドラマが『春日局』だったんです。まさに同じ丹波市春日町ですよ。あのときは地元でフィーバーになりましてね。

【田辺】 駅前に銅像も作ってね。


『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2020年6⽉18⽇放送回音声

LINEで送る

関連記事