韓ドラで発見!約束・三角関係…韓国語と日本語が似ている理由を聞いてみた

LINEで送る

 動画配信サービスNetflixで配信中の韓国ドラマ『愛の不時着』『梨泰院クラス』で韓国ドラマデビューを果たす人が増えています。筆者(27歳男性)もそのひとりなのですが、韓国ドラマを観ていると、しばしば、キャストが字幕に表示された日本語と同じ発音をしていることに気付きます。

『愛の不時着』でいうと、主演の二人が指切りをして約束をするシーンがあります。そのとき、ユン・セリ役のソン・イェジンが「ヤクソク」と言っているのです(正確には「ヤッソッ」<※ツをク寄りに発音>が近い)。他にも、「三角関係」や「高速道路」といった単語でも同様のことが見受けられます。これは偶然なのでしょうか……?

ソウルの財閥令嬢ユン・セリ役のソン・イェジン。北朝鮮を舞台とした作品『愛の不時着』では南北のアクセントの違いも楽しむことができる。(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)
ソウルの財閥令嬢ユン・セリ役のソン・イェジン。北朝鮮を舞台とした作品『愛の不時着』では南北のアクセントの違いも楽しむことができる。(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

 当然ながらこれは偶然ではなく、韓国語のルーツの中にその答えはありました。韓国語教室・オンラインレッスン「セットン」の代表、イ・スンソンさんに詳しく聞きます。

「その質問は教室の生徒からもよく受けますよ! 韓国語のなかには、固有語・漢字語・外来語の3種類があるのですが、韓国語に日本語と似た発音の単語が多い理由は、漢字語にあります。漢字語とは、その名のとおり漢字に由来する言葉のことです。韓国も日本も、漢字が由来となった言葉が多いため、発音が似てくるんですね」(イ・スンソンさん)

 筆者は韓国ドラマで触れるまで、韓国語は完全に独自の言語(固有語)だというイメージを抱いていたのですが、日本と同じように漢字由来の言葉が多く使われていると知り驚きました! また、文字についても、ハングルを使う前は漢字を使っていたとのこと。漢字を用いていた朝鮮王朝時代、漢字の読み書きができたのは役人や貴族などの一部の階級の人々のみで、一般庶民は読むことすらできませんでした。そこで当時の王様であった世宗(セジョン)大王が、誰でも読み書きができるように、1446年、独自の文字「ハングル」を作り上げ、世に交付したんだそうです(イ・スンソンさんいわく、「革命!」)。その後、ハングルと漢字を併用していた時代を経て、現在、漢字は一般的にはほとんど用いられることはなくなったようです。

 日本人はすでに漢字の読み方を知っていることから、漢字由来の言葉の多い韓国語を学ぶうえで、すでに大きなアドバンテージを持っているといえます。イ・スンソンさんの韓国語教室でも、『愛の不時着』や『梨泰院クラス』をきっかけに、韓国語やハングルに関心を強く持ち、前のめりになって学習する生徒さんが非常に多いそうです。ドラマをきっかけに、韓国の言葉にも興味を持ったという方は、一度新しいチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

(神吉将也)


【関連記事】
なぜフルネーム呼び?『愛の不時着』『梨泰院クラス』で韓ドラにハマって気になったこと
財閥・お見合い・モザイク…韓国ドラマ初級あるある5選!
脇役かぶり・運命・Uターン…韓国ドラマ初級あるある5選(2)
シャワー・すね蹴り・ひん死…韓国ドラマ初級あるある5選(3)
韓国ドラマに出てくる緑の小瓶!韓国焼酎ってどんなの?調べてみた

関連記事