光秀ゆかりの地「丹波市の魅力」を谷口市長にきく『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫・丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。6月25日放送回では、前週に続き、大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台の1つである丹波市の谷口進一市長にインタビュー。今回は「光秀ゆかりの地、丹波市の魅力」について話を聞かせていただきました。番組パーソナリティーは「兵庫・神⼾のヒストリアン」として活躍する⽥辺眞⼈・園⽥学園⼥⼦⼤学名誉教授と、久保直子さんです。

丹波市の谷口進一市長
丹波市の谷口進一市長

【谷口市長】 私がよく言いますのは、都会に近い田舎「トカイナカ」、まさに丹波市の魅力はこれだと思うんです。春日インターチェンジから車に乗りますと80分プラスマイナス10分で京都、大阪、神戸、城崎温泉、天橋立、姫路城に行けるんです。京都に近いということもあり京野菜もあります。調理技術もそれなりに磨かれてきました。特に秋になると、ふんだんにあります。

【田辺】 神戸や阪神間はどちらかといえば大阪の言葉ですが、丹波・但馬は京都の言葉に近いです。京都から出て西国へ行くというときに、日本海側方面で毛利を攻撃するときには、この丹波のあたりが出入口でした。丹波国は東6割が京都府に入り、西4割が兵庫県です。地勢的な特徴のまま京都側は明智光秀に味方するのですが兵庫県側は対抗します。丹波市から出た赤井(荻野)直正と丹波篠山市から出た波多野秀治が前面に立って信長と戦いました。赤井直正の本家本元が黒井城ですね。黒井のお城のことはどう思われますか?

【谷口市長】 標高356メートルと高すぎず比較的登りやすいと思います。そして何といっても雲海が季節によってとてもきれいです。現時点でも相当多くの方が登って来られているようです。

【田辺】 但馬の竹田城が非常に有名になりましたが黒井城も遜色のない山城です。車で行くなら竹田城より阪神間からはむしろ近いです。もっとそのあたりを発信されたら良いですね。

【谷口市長】 頂上部の曲輪という土塁などをめぐらしている遺構は相当値打ちのあるもののようです。平成元年に国指定の遺跡になりました。

【田辺】 また、あの東の方、福知山へ行く途中の小富士山はやはりきれいな山ですね。あの上に明智の砦がありましたからね。

【谷口市長】 丹波市の誇りとしては日本(本州)で一番低い(95メートル)ところに分水嶺があるということが挙げられます。土地が低い分、水害の心配はありますが一方で山が優しいと仰る方が多いですね。高く険しいゴツゴツとした山があるわけではなく、まさに日本一低い分水嶺の賜物かなと思います。

【田辺】 山城は日本にたくさんありますが海抜95メートルで太平洋側と日本海側を結ぶというのは日本で一つしかないわけですから、もっと発信しなければなりませんね。

【谷口市長】 来年春、3月下旬の桜が咲くころにオープンできると思います。

【田辺】 水分かれ公園は桜がものすごくきれいですからね。

【谷口市長】 まさにその時期にオープンしますので期待していただきたいなと思います。(※水分かれ資料館は、氷上回廊をテーマにした展示にリニューアルするため現在休館中。2021年3月にリニューアルオープンの予定。その他、詳しいことは丹波市のホームページを参照)

【田辺】 その春日インターチェンジと水分かれ公園の真ん中あたりに黒井城の場所があるわけですからね。

【久保】 見どころ満載の場所ですね。

市長
丹波市の谷口進一市長

【田辺】 あの一角も地域の方がいろいろ活動されているようですね。黒井城跡地域活性化委員会というのがあるんですか?

【谷口市長】 地域の方々が本当に熱心な活動をされています。昨年も4月に「ようこそお茶の国丹波へ」という触れ込みで、まるで本物の様に甲冑を紙で作り、直正などの武将に扮しました。山の上で能を舞うという……、織田信長の幸若舞というのでしょうか。当時の武将の気持ちに思いをはせ、黒井城で約400 年前を偲ぶというイベントでした。

【田辺】 ふと私、今思いついたんですが、黒井の盆地でも北側は興禅寺などで有名ですが、南には春日神社がありますでしょう? あの春日神社の境内で薪能みたいなことをされたら、真向こうにお城が見えてなかなか良いと思いますよ。

【谷口市長】 大河ドラマ『麒麟がくる』のご縁で新たな取り組みが始まったらいいですね。それと恐竜化石が出ますので、予定では数年後には恐竜ミュージアム、丹波竜ミュージアムといったものができないかなと考えています。場所は恐竜化石が発掘できた旧山南町にある施設を衣替えしたいなと考えています。

【田辺】 あそこから篠山に行く道が整備されていて、トンネルができたら行き来しやすくなりますね。

【谷口市長】 山南と笹山との間が随分と行き来しやすくなりました。大型バスも通りやすくなりました。

【田辺】 たとえば南北朝の動乱の頃の話が出てくるとあの辺りは石龕寺(せきがんじ)など足利尊氏と縁のあるお寺があります。常勝寺っていうお寺もありますね。

【久保】 常に勝つんですもんね!

収録のようす
収録のようす

【田辺】 武将にとってはものすごいありがたいお寺ですね。さて、今後、丹波市で、一層の観光開発の目玉は何か考えてらっしゃいますか?

【谷口市長】 たとえば「道の駅丹波おばあちゃんの里」が黒井城のすぐ下にあります。全国に道の駅は約千数か所ありますが、その中でも別格の扱いとなる「重点『道の駅』」に選定されたのです(※令和元年度、国土交通大臣選定)。ここを中心にもっと丹波の農作物や色んな観光等を売り出せるような拠点にできたらと考えています。

【田辺】 あの道の駅は舞鶴若狭自動車道から一度出なければならないのですか?

【谷口市長】 一度出ていただくのですが、特別な制度があり、一度降りても、降りていないと見なされて料金は変わらず利用できます。

(※「道の駅丹波おばあちゃんの里」は一時退出・再進入対象の道の駅。ETC2.0利用で、高速道路を一時退出した場合でも、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金に調整される)

【田辺】 「道の駅丹波おばあちゃんの里」の観光センターをもっと強力にするべきですね。柏原まで来てしまった人は来てるわけですからよいとして、福知山へ行ったり神戸の方に帰ったりする人に「ここから入って!」というゲートを作りPRする必要があると思います。「道の駅丹波おばあちゃんの里」に丹波市の観光インフォメーションセンターを置いたら良いですね。

【谷口市長】 インフォメーションセンターは現在もあることはあるのですが、さらに強化する必要があると思いますね。

【久保】 なんだか会議室のような感じになってきましたが(笑)。

【谷口市長】 春日というところはちょうど丹波市の真ん中あたりですから観光の拠点だと思っております。

【久保】 お話は尽きませんが最後に番組をお聴きの皆さんにメッセージを市長からいただけますか?

【谷口市長】 今回は大河ドラマ『麒麟がくる』にちなみ、丹波市のなかでも、特に春日というところがポイントになりましたが、実は東京都文京区にも「春日」というところがあります。東京大学もあるところですが、ここと連携が進もうとしています。春日局の菩提寺である麟祥院(りんしょういん)が文京区にあります。そこから「春日局が生まれた所はどこか?」ということで、わざわざ当地まで大勢で団を組んで来られたことがあるんです。それがきっかけとなり仲良くしていきましょうという付き合いが始まっています。もしコロナ禍がなければ文京区長が今年前半に来られる予定でした。春日、黒井、黒井城といったところを売りにして、全国のいろんな所とつながって行きたいなと考えています。

【田辺】 それは良いですね!

【久保】 これからが楽しみですね。今日はありがとうございました。

(文・構成=番組パーソナリティー 久保直子)

番組
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん

『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2020年6⽉25⽇放送回音声

ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波 | ラジオ関西 | 2020/06/25/木 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事